リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ケツがでかい」が誉め言葉!?

<<   作成日時 : 2007/10/02 14:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

日本人女性に「ケツがでかい」とでも言おうものなら、半殺しの目にあうことは覚悟しないといけないでしょう。「お尻が大きい」と丁寧に言い換えても結果にさして差があるとは思えません。

ところが、これが誉め言葉になることがあると言ったらどうでしょう?信じられますか?


CG映画Ice Age 2: The Meltdown(日本語版タイトル:「アイス・エイジ2」)で、コメディアンのRay Romanoが声を演じる雄マンモスのMannyが、ラッパー/女優のQueen Latifaが声を演じる雌マンモスのEllieにこう言います: "You have a big butt." (お尻おっきいネ。)それにたいして、Ellieはこう答えます: "You're just saying that." (またそんなこと言っちゃって。)

この日本語訳を見てもピンと来ないかもしれませんが(…訳がヘタだからかも)、これはEllieがお尻が大きいことを誉められて、喜んでいるところです。


このやり取りの場面は私はTVコマーシャルでしか見たことがありません。DVDを見る機会があるのはまだ先になりそうですので、ちょっと裏を取るのに苦労しました。ですが、このようなブログ記事もありますし、まず大丈夫そうです。


黒人女性の多くは、白人女性に比べて、お尻が大きく、かつ形がよくメリハリがある(shapely)であることを誇りに思っています。上のIce Age 2のシーンも、Queen Latifaが黒人女性であるということに大きく依存しています。

「マンモスに黒人も白人もへったくれもないんじゃないの?」という疑問はごもっともです。しかし、人間以外の登場人物であっても、訛りやしゃべり方、あるいは身のこなしで、聴衆に特定の人種グループを想起させる手法は映画やテレビ番組では普通に行われています。最近では同じCG動物映画のHappy Feetでさんざん使われていました。この映画で、明らかにヒスパニック系を念頭においたペンギングループ「アミーゴ」のリーダRamónの声を、ヒスパニック系とは関係のないRobin Williamsが完璧こなしているのはさすがでした。

話をそれてしまいました。「『ビヨンセ』ではなく『ビヨンセィ』」で例に取り上げたビヨンセ(ィ)の属していたDestiny's Childも、Bootyliciousプロモーション・ビデオ)という曲を出していました。 "Bootylicious" というのは造語で(Urban Dictinaryの"bootylicious"のエントリ)、 "booty" と "delicious" からきています。 "Delicious" は皆さんよくご存知でしょうからいいとして、 "booty" は口語で「尻」という意味です。また、さらにそこから転じて、「セックス」という意味でも使われます。 "booty call" (セックスのみが目的で相手を誘う電話)などはそのよく知られている用例です。Bootyliciousはいわば、「お尻自慢さん」の曲だといえるでしょう。

実際ビヨンセがこの形容に見合うだけのお尻をしているかどうか興味ある方は、ご自身で検証してください。


さて、白人女性はそれに対して、自分たちのお尻が平ら(flat)であることに対して劣等感を抱いていることが多いのです。だからと言って、白人女性に「ケツがでかい」と言うのが自殺行為であることは変わりありませんが、黒人女性にそういうのは誉め言葉になりうるのです。

とはいっても、 "big butt" や、さらに露骨に "big ass" などというのは紳士なら避けるべきでしょう。 "bottom", "rear", "behind" や (フランス語由来の) "derrière" という婉曲表現もあります。"Big"というようなサイズに言及する表現ではなく、 "shapely" (形がよい)や "firm", "tight" (どちらも、しまっている、の意)などという形や感触に関する形容、あるいはもっと大雑把に"nice"というような形容なら、ずっと受け入れられやすくなるでしょう。

しかし、体に関するコメントは、仮に誉め言葉のつもりでも、容易に悪く取られるので注意する必要があります。一般にアメリカ人は、そういった話題は日本人よりずっとセンシティブに受け止めがちですから、気をつけてください。


ところで、Ice Age 2のこの場面、日本語版ではどのように訳していたのでしょうか?文化的背景を知らないとこのシーンの面白さは理解できないと思うのですが、翻訳者がいかにしてこの問題を回避したか、興味あるところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米大統領選:『踊る阿呆に〜』とブラッドリー効果
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回も米大統領選について書きます。前回の「押し詰まってきた米大統領選」が堅苦しい内容に終始してしまったので、まずはおもしろビデオを最初にご紹介しましょう。TVのニュース番組で取り上げていて私も知ったのですが、パロディーとしては秀逸だと思います。こういうものは、大手ネットワークTV局の番組がよく製作しますが、それ以上の完成度の高さが素晴らしいですね。これは、TVにありがちなダンスの対決番組を模しています。一対一の対決を"face-off"と言いますが、これ... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/10/26 19:02
ビヨンセのAll the Single Ladies
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。日も延び、暖かくなり、晴れの日も多くなり、ようやく待ち望んだ春の到来か…などと言っていたら、先週の木曜日、雪が降りました。やれやれ。 さて、この土曜日(日本時間)に開催した、第8回無料公開イベント『戦略を駆使して表現の幅を広げる』 が無事終了しました。ほぼ完全オリジナルの内容だったので、まとめるのに手間取り、広報も十分でず、結果としてこちらが期待するほど人が集まらなかったのが残念ですが、参加者の方からはおおむね大変好意的な評価を頂き、満足をしています。... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/03/01 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どちらかというと女性にアプローチをかけたりするときに使うんですかね? 確かにこの手のものは使用注意ですね。

ほめ言葉を捜そうと和英辞典に頼ってしまい、和英辞典で見つけた言葉をそのまま使ったらトラブルになった・・なんてしゃれにならないこともあるので「大きい」という言葉一つ取っても色々な表現を知ってニュアンスを確認することが大切ですよね。
ショーン
2007/10/03 18:41
そうですね。一般的には女性に「粉かける」ときに使う表現ですね。

ただ、これもまた困り者で、下心なく純粋に誉めようとしても、下心があるようにとられたりなんかすることもあります。いやはや、英語うんぬん以前に私はこういうの向いてないのかもしれません。
ヤスロウ
2007/10/03 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ケツがでかい」が誉め言葉!? リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる