リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS モルモン原理主義にまつわる最近の話題

<<   作成日時 : 2007/10/14 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ここシアトルはすっかり涼しくなると同時に、天気も今ひとつな日が多くなりました。

前回の「写真撮影会ついに決行!」はたくさんの方に読んでいただけたようです。英語に直接関する記事より人気があるというのは、書いてる側としては少し微妙な気分になりますが。


さて、「モルモン教」でモルモン教について述べました。そのときは触れませんでしたが、モルモン教について最近の話題といえば、なんといっても、2年ほどの逃亡生活の末遂に昨年夏に逮捕された、モルモン原理主義(Mormon fundamentalism)の一派である、Fundamentalist Church of Latter Day Saints (FLDS) の指導者Warren Jeffsでしょう。彼の逮捕については、あの「ドクター苫米地」こと苫米地英人氏自身のブログで記事を書いておられます。

Jeffsは逮捕されるまで、FBIのウォンテッド・リスト・トップ10(Ten Most Wanted Fugitives)に、ビン・ラーディンらとともに名を連ね、そのためAmerica's Most WantedというTV番組にも取り上げられました。その後Jeffsは先月末に、未成年少女に対するレープに荷担したという2点のどちらについても有罪の判決を受けています。


しかし、Jeffsがレープに物理的に荷担したわけではないのです。本当の問題は、彼がFLDSの指導者として、十数才の少女を強制的に結婚させていたことなのです。しかも、結婚相手がいとこのように血のつながりの近い関係であったり、既に結婚している身であったりすることが問題にさらに輪をかけます。しかしユタ州は歴史的にモルモン教徒たちによって成立した州であり、「モルモン教」で書いたように、メインストリームのモルモン教では重婚は否定されているものの、それを信じている人たちはまだ多くいます。そのため、うかつに物事を進めると、宗教の自由に関する議論に容易に発展してしまいます。検察側は、未成年者に対するレープを含む虐待にフォーカスすることで、それを回避する戦略を取り、それが成功したわけです。


ともかくJeffsやFLDSのことを知れば知るほど、信じ難いとしか形容のしようがありません。Jeffsは「黒人は悪魔がこの世で悪を広めるための使い」だとか、「黒人の関係者と結婚したら呪われる」などと、一体いつの時代の人かと嘆息させるような意見を著しています。

判決が出る前に発売された、TimeUS版10月1日号のpp. 48-50に"The Polygamy Paradox" (予備のコピー)という記事があり、これが歴史的背景や現在のFLDSの状況も含めてうまくまとめています。 FLDSのコミュニティーでは、男が3人の妻を持ち、30人の子供を持つのは普通であること。これら妻の大半は法的にはシングル・マザーであるため、公共の福祉の恩恵に預かっており、それがFLDSの信者以外から反感を買っていること。重婚主義者はたくさんいる子供を、えてして労働者の権利に無頓着に使うため、安く家を建てたいなら重婚主義者を使え、と言われていること、などが紹介されています。

個人的に一番面白いと思ったのはこの箇所です:


They (Women in the largest FLDS community) will carry their iPods with them all day so they can listen to Jeffs' sermons. (p.49)
FLDSコミュニティーの女性たちは日ぐらしiPodを持ち歩き、それでJeffsの説教を聴く。


前時代的としか言いようのないFLDSですが、iPodを使って「教え」を定着させているところだけは、現代的ですね。ここだけは、外国語学習に励む我々も、見習うべきところかもしれません。

その他同じTimeThe Exiled Children of Utahという記事では、FLDSで教会から追放された子供たち(大半が男の子)の苦難について報じています。



最後に全然英語ともアメリカ文化とも関係ない話ですが…。ウィキペディアによると苫米地氏はCLOSにも造詣が深いんだそうで。彼に計算機科学のバックグラウンドがあるのは知っていましたが、CLOSとは…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クラブへようこそ!
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。最近ウェブサイトのリニューアルを徐々に進めています。その一環として先だってお伝えした写真会の成果の写真も載せ始めたのですが、この写真会で写真撮影の労を取ってくださった松本さんは、写真がジャギーで、一部の写真はひどく見えるとおっしゃっています。私のCRTモニタではいたって普通に見えているので、LCDの特性ならではの問題ではないかと思っているのですが、皆さんにはどう見えるでしょうか?よろしければお聞かせください。親切な松本さんは、写真編集までやってくださると... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/10/17 14:48
豚インフルエンザに関する表現 その2
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。皆さんおげんきでしょか?私はや〜〜〜っと体調がほぼ平常に戻ってホッとしています。さて今回は、「豚インフルエンザに関する表現 その1」に引き続き第二弾をお届けしましょうj。 &raquo; hand sanitizer &mdash; "Hand sanitizer"と言えば、文字通りには「手の消毒剤」ですが、この語を使うときは、通常は水でゆすぎ落とす必要のないジェル状のものを指します。日本では「消毒・除菌用ジェル」と一般的に呼ばれているようです。では、... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/11/08 06:50
Twilightシリーズの第二作映画New Moon公開
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。本日(現地時間で11月27日)は、ここシアトルはなんと晴れでした。そもそもシアトルは、冬は雨がしとしと降り続くのが定番である上、ここのところしとしとどころか激しい雨が続いていたので、晴れというのは現地人にとって実に意外な展開でした。私のシアトル在住の友人がFacebookのステータス・メッセージで、"OMG! Sunshine!" と書いていましたが、これに大きくうなづいたのは私だけではないと思います。ちなみに "OMG" は "Oh, my God"の... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/11/29 08:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モルモン原理主義にまつわる最近の話題 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる