リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 綿棒

<<   作成日時 : 2007/10/26 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

気まぐれでブログ・ランキングに参加してみました。ブログ記事が個別に表示されるウィンドウで右側の欄にリンクが並んでいますので、よろしければクリックしてください。

本当にランキングの上位を狙うのなら、記事ごとに、その最初か最後に、GIFアニメーションなど使って人の目を引いておいて、いちいちリンクを上げるべきなんでしょうが、それは読者にはわずらわしいでしょうからやりません。

ちなみに、リンガ・エスプレッソ関係の3サイト(このブログを含む)を串刺し検索できる検索ボックスも用意しています。これはGoogleのカスタム検索を利用しています。



さて、話は変わって、日本語の「綿棒」、これを英語で言うとどうなるかご存知でしょうか?

答えの一つは"cotton swab"です。綿棒というと一般の人の場合、最大の用途は耳垢、あるいは「耳糞」(ear wax)の除去でしょう。しかし、綿棒の注意書きをよく読むと、耳孔内には入れないように書いてあるはずです。それはアメリカも同じです。もっとも、大半の人は気にしないわけですが。

いずれ「目糞」、「鼻糞」、「耳糞」の「糞シリーズ」に関する記事を書きますので乞うご期待!

ちなみに、アメリカでは日本のいわゆる「耳掻き」は一般的には使われていません。したがって、アメリカでは簡単には入手できません。アメリカに長期滞在する予定の方で、耳掻きなしでは生きられない方はご注意ください。

綿棒は化粧品をつけるときにも使われるようですね。私には縁がありませんが。それ以外にも、実際にそういう用途に使う機会は滅多になくても、一般人によく知られている用途があります。それは、DNA鑑定のために、口腔内細胞組織を採取することです。もちろんこのときに使用する綿棒は一般用ではなく、専用のものですが。この行為を"swab"を動詞として使って、"swab the inside of the mouth of 〜"などと表現します。

アメリカではCBSネットワークのTVドラマ、CSI: Crime Scene Investigationを皮切りに、forensic science(犯罪捜査に応用された最先端科学技術)を扱ったTV番組が、雨後の竹の子のように生まれました。これらTVドラマでは、DNA採取のシーンが多く含まれるため、それによってこのことが広く知られるようになりました。ちなみに、日本でもCSI:フランチャイズを見ることができるようです。

これらTV番組は非常に人気があり、結果として社会的影響を及ぼしています。Time誌は、少し古い2004年末の記事で、法廷で陪審員が簡単にDNA鑑定を求めるようになったことを報じています。問題は、TV番組ではいとも簡単に行われているDNA鑑定も、現実に、特に法廷で証拠として使えるように厳密に行うと、時間と費用がかかってしまうことです。

MSNBCは昨年末、子供の誘拐に備えて、子供のDNAを予め取っておく親が増えてことを報じています。これもCSI効果でしょう。家庭で簡単にDNA鑑定を行えるキットを販売している会社もあります。


話がだいぶ横道にそれましたが、綿棒を意味するもう一つの表現があります。それは"Q-Tip"です(単数の場合)。これは本来登録商標であったものが慣例的に一般名詞化したものです。こういった語は他にもたくさんあり、皆さんになじみのある語も多く含まれます。これについてはまた後日改めて記事を書きます。

さて、Useless Informationというウェブサイトによると、本来Q-Tipsはやはり耳の中の掃除を目的に開発されたようです。さらに、今のQ-Tipsに名前が落ち着く前は、"Baby Gays"(解釈によっては、「赤ん坊のゲイ」)という名前が付けられていた、という驚愕の事実も。

ウィキペディアによると、戦後進駐軍によって日本に綿棒がもたらされたようです。

なお、アメリカにはQ-Tipという名前のラッパーもいます。混同する心配はないかとは思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
他の英語関係ブログを覗いてみました
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。前回の「綿棒」で書いたように、ブログ・ランキングに参加してみました。そうすると、ランキングの上位に位置するブログがどういうものなのか興味が出てきます。今までは、知り合いの方のを除いて他人のブログなど、てんで興味なかったのですが。そこで、私が参加しているブログ・ラインキングの一つ、人気ブログランキング(←紛らわしいと私も思うんですが、そういう名前なんです)の語学・英会話カテゴリの1位から150位までざっと眺めてみました。ちなみに、今のリンクをクリックしてい... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/10/29 03:51
アメリカの映画やTV番組を見て英語を勉強する
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。日本でも徐々に真似してきているようですが、10月31日はハロウィーンでした。私は特に何もしませんでしたが、何かそれにちなんだことをされた方はいらっしますか?サム講師がハロウィーンにちなんで、"What is Halloween?", "The History of Halloween"の二つの記事を書いています。興味深いことを書いてくれてますので、是非ご覧下さい。ただし、彼女は前者の記事のレベルを初級、後者のを中級としていますが、私なら前者も中級とすると... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/11/01 18:47
目糞・耳糞・鼻糞
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。 今回は、以前「綿棒」で予告した、「糞シリーズ」を扱います。(のっけからこんな話ですみません。)日本語では「目糞」、「耳糞」、「鼻糞」、と、全て「〜糞」と実に分かりやすく、かつ一貫した表現を使います。これは日本語を知らない人には大変に面白いようで、与太話の種として重宝します。そんなことはさておき、これらを英語でを言うとそれぞれどうなるかわかりますか?これらは、人間であるなら誰にでも馴染みがあるものであるにもかかわらず、英語でどう言うかは意外に日本人には... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/11/26 10:16
マジック尽くし
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。最近新しい生徒さんがいらしたので、それの対応で忙しくしています。このブログの更新も遅れがちですみません。リンガ・エスプレッソでは生徒さんのそれぞれのニーズに完全に密着したレッスン・プランを立てることをウリにしていますので(レッスン・プラン例)、生徒さんから詳しい事情やご希望をお伺いしたり、講師と一緒にアセスメントを行ったり、教材を選んでレッスン・プランを立てたり、講師と生徒さんの間でスケジュールの調整をしたり…と、レッスンが軌道に乗るまではどうしても私の... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/02/01 09:14
CSI: MiamiのDavid Caruso その1
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。前回お知らせした、2月28日(土) 10:30am〜に予定している、第8回の無料公開イベントですが、正直お申し込みの方の数が今のところ非常に少ないです。このままだとキャンセルも考えないといけないと思っています。一つの理由はMixiのような場で広報をまだしてないからでしょう。これは私が内容をまだ詰めている最中で、これが遅々としてなかなか進まないからです。いずれにせよ、興味がある方でまたお申し込みになってない方は、お急ぎお申し込みください。 さて、fore... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/02/25 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
綿棒 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる