リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラ その2

<<   作成日時 : 2007/11/13 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。


さて、タイトルから明らかなように、今回は「ブラ その1」の続編です。前回は、胸囲とカップサイズの2つによりブラのサイズを指定することはアメリカでも日本でも共通であること、しかし、そのどこの胸囲かで、アメリカと日本では方式が異なることを述べました。今回はまずはカップサイズから見ていきましょう。

まず、アメリカでも日本でも、トップとアンダーの差でカップサイズを指定することは基本的には同じです(その是非についてはいずれ別途記事を書きます)。しかし、おそらく皆さん既にご想像の通り、細かいところで日米で異なっています。

アメリカでも日本同様、A→B→C→Dの順で大きいサイズを指定するのですが(その実質的な違いは後述します)、その次に日本では素直にE、Fとなるのに対し、アメリカではDD(ダブル・ディー)、DDD(トリプル・ディー)と続くのです。しかしそれと同時に、E、Fというサイズも存在します。

どういうことなんだ、と思うわけですが、分かってみるとなんと言うことはなく、単に、アメリカでのDDはEの別称、DDDはFの別称です。紛らわしいだけだと個人的には思うのですが。ただし、EやFではなく、DDやDDDでカップサイズを指定する方が普通なので、頭に入れておく必要はあります。


そうすると、次には、日本のカップとアメリカのカップにどういう相関関係があるのか、と疑問が湧いてきます。まず、単純に日本のAカップがアメリカのAカップ相当かというと、というとそうではないと思います。日本のビクトリア・シークレットの輸入業者のWebページでそのように述べているところもあるので、少し歯切れが悪くなってしまっていますが、私がアメリカ在住の日本人女性から聞いた範囲でも、やはりサイズにずれがあるようです。

ここで:

この2点に加え、1インチは2.54センチで、日本のカップサイズの刻みとアメリカのカップサイズの刻みがほぼ同じであることを考慮に入れると、以下のような相関関係が得られます。(クリックすることで別ウィンドウに拡大図が表示されます。)

この相関は、ウィキペディアの日米カップの差についての記述と大雑把に合致するようです。

図中には記入していませんが、上の横軸は、トップとアンダーの差をインチで概算表記したものです。下の横軸は、トップと、「アンダー+5インチ」の定義を前提にしたバンド・サイズとの差をインチ表記したものです。

当たり前のことですが、念のために断っておくと、私は下着の専門家ではありません。上記図は、公に得られるデータから私が個人的に作成したものです。この図が現実と違うところがあっても責任は負いかねます


さて、ここまでで日米のブラサイズのシステムの違いがはっきりしたかと思います。次に、英語での表現について少し述べておきましょう。

日本では、例えば「B75」のように、カップサイズ、アンダーの順でブラのサイズを表現するのが普通ですが、アメリカ式だと、"36D"のように、二者の順序が逆になります。

さて、英語で「私の(ブラの)サイズは36D」と言いたい場合はどう表現すればよいのでしょうか?答えは:

I am a 36D (読み: thirty-six dee).

です。

実に簡単ですが、注意すべき点が2点あります。

まず、日本語式に発想すると、"My bra size is..."で始めたくなるのではないかと思います。これは間違いではありませんが、自然ではありません。会話で自然に出てくるのは、"I am ... "です。

二点目は、"a 36D"、と、不定冠詞がつくことです。ここで"a 36D"というのは、「36Dのサイズの人」という意味です。なので、不定冠詞が必要になるわけです。


今回も長くなってしまったので、書きたいことを全て含められませんでした。機会を見てまたブラにまつわる話を書きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラ その1
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。普段はこのブログに見向きもしないのに、タイトルにつられてきたあなた!いけませんねぇ〜。これからはタイトルに関わらず是非毎回読んでください。しかしタイトルは人を釣るだけの騙しでは決してなく、2回に分けてブラについて真っ向から取り組みます。 まずは言葉から。「ブラ」は"bra"です。それぞれ「ブラジャー」"brassiere" の短縮形です。'80年代までは日本では主に「ブラジャー」が使われ、「ブラ」という言葉はあまり使われていなかったように思うのですが、... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/11/15 22:18
ブラ その3
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回は、本来「ブラ その2」に入れるはずだったものの、記事が長くなりすぎたので、後回しにした内容をお届けします。Time誌US版11月12日号に"Warren Buffett, Adjust My Bra"というユーモラスな記事がありました。ウォーレン・バフェット(Warren Buffet)とは、アメリカのトップクラスの資産家で、データによって順位は若干上下しますが、現在世界二番目、ないし三番目の富豪としてランクされています。彼は2006年に、世界一の... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/12/01 18:00
ブラ その4
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。サム講師のブログに、新しい記事、"Bras"が上がっていますね。もうご覧になりましたか?今回は珍しく私の記事と連動しています。私の、「ブラ その1」、「ブラ その2」、「ブラ その3」と合わせて読むとより興味深いかもしれません。 実はどうしようか結構迷ったのですが、サムの記事を見て、もう少しだけブラ話を続けることにしました。ですがブラは一旦忘れて、少し他の服の話を。「ズボン」はアメリカ英語ではなんと言うかはご存知ですよね?"pants"です。日本語の「... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/12/07 17:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結論、そこで測って頂くのが早いかな?サイズがあればの話ですが・・
単位の違いは本当に厄介、長さ、距離、重量、温度・・どれも会話の中でさっとは計算出来ません、身に付かないと無理ですね・・
yellow
2007/11/15 23:28
ちゃんとしたフィッターに見てもらうのがやはりベストのようです。最近もこちらの日本人の女性の友人が、フィッターに見てもらって選んだブラの着心地が断然いい、と歓喜していました。

アメリカは各種単位にいわゆるimperial unitsをいまだに採用しているので、我々にとっては頭が痛いわけですが、そんな国は先進国の中ではもはやアメリカのみでしょう。お隣のカナダでもちゃんとメートル法を採用していますから、単位は日本と基本的に同じですよ。
ヤスロウ
2007/11/15 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラ その2 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる