リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラ その3

<<   作成日時 : 2007/12/01 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

今回は、本来「ブラ その2」に入れるはずだったものの、記事が長くなりすぎたので、後回しにした内容をお届けします。

Time誌US版11月12日号に"Warren Buffett, Adjust My Bra"(ウォーレン・バフェットさん、私のブラをフィットさせて)というユーモラスな記事がありました。ウォーレン・バフェット(Warren Buffet)とは、アメリカのトップクラスの資産家で、データによって順位は若干上下しますが、現在世界二番目、ないし三番目の富豪としてランクされています。彼は2006年に、世界一の富豪ことBill Gates氏とその奥さんのMelinda夫人の率いる慈善事業団Bill & Melinda Gates Foundationに巨額の寄付をすると発表して、世界をアッと言わせました。

この記事がBuffet氏宛てになっていて、Gates氏宛てになってないのは、Gates氏宛てだとどうしても読者がITよりの内容を期待してしまうからでしょう。ひょっとすると、Buffet氏が支配する投資会社バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)が元々織物会社としてスタートしたことも考慮に入れているのかもしれません(深読みでしょうけど)。

それはさておき、本文を読むと、こう書いてあります:

Instead of taking two measuremeants (under the bust and over the bust) to find a bra size, the Hong Kong researchers took 98. The key to building a better bra, they concluded, is to use a depth-width ratio rather than just volume to figure out the cup size.

(アンダーとトップの2種類の長さを測定してブラのサイズを決める代わりに、これら香港の研究者たちは98種の長さを測定した。よりよいブラを作るためのコツは、ただボリュームからカップサイズを決めるのではなく、「深さ/幅比」(depth-width ratio)から決めることである、と彼らは結論付けた。)

いやはや、興味深い話ですね。ただ、この"depth-width ratio"の"depth"と"width"がどこのそれかが明らかではないと思いませんか?鼻の穴の口径なんか測定したところで関係あるわけはないので、まぁ乳房なんでしょうけど、"width"はまだいいとして、"depth"とは?まず定義が明らかではないし、仮に直感的に予想されるものだとしても、どうやって測定するんでしょうか?

気になったので検索してみました。イギリスTelegraph誌のウェブサイトに掲載された記事"Bra Scientists Find Formula for That Perfect Fit"が見つかったんですが、やはりそれについてははっきりとは書かれていませんでした。そんなもん一生懸命調べてどないすんねん、と言われちゃうと返す言葉がないんですが。


余談ですが、私の多くの日本人女性の知り合いが、ビクトリア・シークレットなどのアメリカの下着メーカの下着よりも、日本のメーカのものの方が質がよいと言っています。一人はワコールがやっぱり最高、と言っていました。シアトルのダウンタウンにも店がある、デパートチェーンのNordstromでもワコール製品を扱っていますが、お値段が断然高いようです。

Natoriというブランドもあり、これも日本のブランドでは?という話があったのですが、調べてみるとこれは正しくありませんでした。NatoriのウェブサイトのProfileのページによると、Natoriの創立者でCEOのJosie Natoriはフィリピン生まれのフィリピン人。アメリカのメリル・リンチで働いているときに、いずれ旦那になる日系三世のアメリカ人と出会い、彼の姓がNatoriだった、ということのようです。Natoriが日本語から来ている、というところまでは正しかった、ということですね。

日本の下着メーカというと、トリンプというのも有名のようですね。これは言葉の面からは不思議な会社です。なぜなら、「勝利、成功」を意味する"triumph"の英語での正しい発音は、「トライアンフ」Audio Iconだからです。もともとはドイツの会社らしいので、そのせいか、とも思うのですが、Triumph Internationalのウェブサイトでも、しょっぱなに正しい英語の発音で迎えてくれます。ドイツ語に詳しい方、真相を教えてくださいませんか?

なんにしろ、日本語では英語の単語を妙に変形してカタカナ言葉として移入しますよね。これについてはまたいつか改めて記事を書きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラ その4
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。サム講師のブログに、新しい記事、"Bras"が上がっていますね。もうご覧になりましたか?今回は珍しく私の記事と連動しています。私の、「ブラ その1」、「ブラ その2」、「ブラ その3」と合わせて読むとより興味深いかもしれません。 実はどうしようか結構迷ったのですが、サムの記事を見て、もう少しだけブラ話を続けることにしました。ですがブラは一旦忘れて、少し他の服の話を。「ズボン」はアメリカ英語ではなんと言うかはご存知ですよね?"pants"です。日本語の「... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/12/07 17:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤスロウさんがどんな顔して、そのdepth-width を真剣に考えてるのかと、(*≧m≦*)ププッ
yellow
2007/12/02 23:43
失礼しました!
こういう話を極真面目に話せるヤスロウさんに多くの女友達がいるのも納得いきます。難しい問題です depth-width..我が家でも討論となりました。
yellow
2007/12/03 08:24
ははは…もう女性の下着の話だからといってどうの、という歳に達してしまったからかも。単なる好奇心はまだ残ってますけど。
ヤスロウ
2007/12/03 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラ その3 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる