リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリス人の歯並びと鳥肌

<<   作成日時 : 2007/12/16 18:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 6 / コメント 5

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

今回はお約束どおり、前回の「これを見て泣いてください」の続編です。まずは前回のビデオ、すなわちBritain's Got Talentというイギリスの素人「のど喉慢」勝ち抜き番組で、いずれは優勝するPaul Pottsが最初に登場したときのビデオを再掲しておきます。


このいかにも朴訥な感じのするPaulですが、普通のアメリカ人がPaulの容姿を目にしたとき、最初に気になるのは何か想像がつきますか? — 答えは、彼の歯並びの悪さです。アメリカでは歯列矯正(orthodontics)が広く普及しており、永久歯が生え揃った10代に、歯列矯正用ブレース(brace)を装用することはよく行われています。漫画やアニメでも、10代の登場人物に、顔のそばかすとともに歯のブレースを与えることは一つのパターンになっています。

日本では歯列矯正は保険が適応されませんので、その金銭的余裕がなければ歯列矯正の恩恵を受けられません。そのため、芸能人のような人たちを除くと、歯並びの悪い人がアメリカよりはずっと多くいることになります。アメリカ人にとってはこれはまず目につくところらしく、日本のTV番組の一部をこちらで放映する際、歯並びの悪い素人が出ていたりすると、それについてコメントが入ることが多いのです。

アメリカでは、イギリス人は歯をあまり磨かない、あるいは、歯の治療が十分受けられず、歯並びが悪かったり、歯に問題を抱えている、ということになっています。これにいくらかでも真実があるかどうかは、アメリカ人自身も疑問に思っているようです。(例えば、Is There Actual Evidence That British Teeth Are Worse Than Anyone Else's?Why Is There A Stereotype That British People Have Bad Teeth?などをご参照あれ。)ただ、これを前提にしたジョークはよくあるので、ジョークを楽しむという見地からはこれは知っておくべき知識です。


のっけっから、いきなり文化面に話が進んでしまいましたが、せっかくですので、このクリップからいろいろ英語 —今回は米語じゃないですね— について学びましょう。

まず、前回「宿題」にしておいた、「鳥肌」。おわかりになったでしょうか?3:40の時点でAmandaが、"Unbelievable! I had goose pimples!"と言っていますね。というわけで答えは"goose pimples"です。実は私はこの表現を聞いたのははじめてでした。私が馴染んでいた表現は、明らかにこれのバリエーションの"goose bumps"です。アメリカではこちらを用いる方が多いのかもしれません。

ところで、日本語の「鳥肌」の直訳に相当する"chicken skin"は、英語としては誤りなのでしょうか?私も今回ちゃんと調べるまで知らなかったのですが、Wikipediaによると誤りではないようです。しかし、これは一般には知られている用法ではないと思うのです(これから聞いて回って確認します)。しかし、"chicken skin"でピンとこない、日本語を知らない人でも、説明を受ければ、なるほど、と納得するのではないでしょうか?このように世界のどこでもある物理的現象(この場合は、羽根をむしった後の鶏の肌に、ブツブツがたくさんあること)にもとづいた比喩表現というのは、直接的には通じなくても、説明すると納得してもらえるばかりか、興味深いと思ってもらえます。「目糞・耳糞・鼻糞」と同じですね。つまりこれも馬鹿話のネタになるということです。


イギリス英語という点でまず私にとって興味深かったのはやはり発音です。私はイギリス英語は苦手ですし、普段耳にすることもないので、なおさら新鮮な驚きがあります。

このクリップはPaulのパフォーマンスの審査の様子を捉えたものですので、審査員たちが、"Paul"と呼びかける場面がたくさんあります。かつて「英語の地域性」という記事を書いたときに、イギリス英語とアメリカ英語での"all"の発音の違いを例としてあげました。これがこのクリップでも非常によくわかるのではないでしょうか?あ、"Paul"の発音が、"all"の前に子音[p]をつけただけなのはいいですよね?2:20の時点でAmandaが、"Paul"と呼びかけていますが、この発音は実にイギリス英語的です。アメリカ英語に比較して、口があまりあいておらず(ただし口の中は上下に広がっている)、ずっと奥の方で発音されているのがはっきりわかるのではないかと思います。

"Judges"の発音(3:47)も面白いですね。文脈が与えられているからわかったようなもので、もしそうでなく、音単独で聞いたなら、よもや"judges"と言っているとは思わなかったと思います。


このクリップが面白いと思うのは、Paulのパフォーマンスを除くとわずか2分強にしかないのにもかかわらず、比喩表現が実に豊富に使われていることです。機会があれば、それについても書きたいと思います。それまで待てない人のために、トランスクリプトをつけておきます


TimeSpeakerWords
0:00NarratorBut for the next contestant, the world of show biz seems a million miles away. It's Paul, a mobile phone salesman from South Wales.
0:09PaulBy day, I sell my web phones. My dream is to spend my life doing what I feel I was born to do.
0:20AmandaPaul, what are you here today for, Paul?
0:22PaulTo sing opera.
0:25PaulI've always wanted to sing as a career. Confidence is, has always been, like, a difficult thing for me. I've always find it a little bit difficult to be completely confident myself.
0:35SimonOk, we're ready whenever you are.
0:42Paul(Paul sings Nessun Dorma. Crowd cheers afterwards.)
2:33SimonSo you work at a car phone warehouse, and you did that. I wasn't expecting that.
2:39AmandaNeither was I! (Laughs.)
2:41SimonThis was a complete breath of fresh air. I thought you were absolutely fantastic. (Crowd cheers.)
2:49PiersYou have an incredible voice. I think if you keep singing like that, you're gonna be one of the favorites to win this whole competition. (Crowd cheers.)
3:00AmandaI think that we've got a case of a little lump of coal head that is going to turn into a diamond.
3:10SimonOk, moment of truth, young man. Piers?
3:14PiersAbsolutely yes.
3:19SimonAmanda?
3:20AmandaYes.
3:23SimonPaul, you're going to the ... (inaudible)
3:37Man (host?)(Welcoming Paul back at the backstage) Congratulations!
3:38AmandaUnbelievable! I had goose pimples!
3:42ManYou must be over the moon.
3:43Paul(Seemingly calmly) I am. A little shocked, but (inaudible)
3:46Man"A little shocked"? (Laughs.)
3:47NarratorAnd as Paul heads home happy, the judges think that they might have found something special in calling.
3:53PaulI like shows, where somebody isn't a professional, has a talent, isn't aware of it, has a normal job, and then you see something else. I like that. And that's what I ... (inaudible)
4:04AmandaAnd discover a little gem. A frog turned into a prince.
4:07Simon and PiersYeah.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
携帯電話のセールスマンからオペラ歌手になった英国青年ポール・ポッツ(Britain's Got Ta...
先日の記事で英国の素人発掘番組で準優勝した少女を取り上げた(「天使の歌声:英国の ...続きを見る
できない、困って→問題解決
2007/12/16 20:29
TOEFL iBTのスピーキング対策の難しさ
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。アメリカの大学・大学院に留学する上で、Test of English as a Foreign LanguageことTOEFLのスコアがある規定の点数を上回ることはまず間違いなく求められます(語学留学は除く)。「次世代版」とされ、近年導入されたInternet-Based TestことiBTでは、それまでになかったスピーキングが加えられました。リンガ・エスプレッソは、基本的には英語会話(ビジネス英語も含めて)が主たる守備範囲なのですが、TOEFL iBT... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/01/21 10:18
(携帯電話に関して)「電波が入らない」
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ここシアトルではここ数日珍しく晴れの日が続いて、なかなか快適です。 さて、もはや現代生活に欠かせない存在となったと言ってよい携帯電話ですが、場所によって電波が入らず、通話ができないことがありますね。この「電波が入らない」ことを英語でどう表現すればよいのでしょう?一番自然には "I get no signal/reception on my cell" でしょうね。"service", "coverage"もありです&dagger;。 "signals"... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/01/28 16:49
『メタボ』と米国の肥満問題
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。私は当時日本にいなかったので(今もいませんが)、どういう契機でそうなったのかはわからないのですが、メタボなる言葉が二、三年前に日本で流行ったようです。2006年に新語・流行語大賞のトップテンに選ばれたようですので、おそらくこの年に何らかの契機で広く知られるようになったのでしょう。2006年末に厚生労働省(厚労相)の副大臣2人が、自身のメタボ対策のためのダイエット日記を同省のHP上で公開することになったのも、一般人の意識を高めるのに寄与したのかもしれません... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/02/14 21:02
落穂拾い
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ポッドキャストの方、第2話をお届けしようと思いつつ、忙殺されてなかなか手が回りません。5日に一度くらいのペースで行きたいと密かに思っていたのですが、既に挫折のようです。ただ、うれしいことに既に30人を超える方に購読して頂いているようです。面白いのは、どうやら携帯電話から購読されている方が多い模様。日本の携帯電話事情には全く疎いのですが、最近の携帯電話では、当たり前のようにポッドキャストが聞けるのでしょうか?いずれにせよ、せっかく購読してくださった方の期待... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/02/26 20:51
迎春与太話特集〜アメリカで活躍する(?)日本人芸人
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。皆様、あけましておめでとうございます。本年も、リンガ・エスプレッソをどうぞよろしくお願いします。今回は迎春記念号?ということで、与太話に終始したいと思います。英語そのものに関する話はほとんど出てきませんので、そういうのを期待されている方は、これ以外の記事をご覧下さい。 ではまず最初は「アメリカで活躍する(?)日本人芸人」から。お笑い芸人の藤井隆なる人物がいます。実は私は彼のことは余り知らないのですが、最近TVコマーシャルに「彼」を見つけることが多いので... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/01/04 09:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント&トラックバックありがとうございます。スクリプト大変参考になりました。こちらからお送りしたトラックバックが重複してしまいました。重複分は削除してください。
中村友一
2007/12/16 20:52
いえいえ、こちらこそ、どうもありがとうございます。こちらからもトラックバック送らせていただきました。
Yasuro
2007/12/16 20:54
私のブログにコメントありがとうございました。さっそく来てしまいました。
なんだか凄く面白いブログですね。ネットで英会話の教室なんて面白い発想で、さすがネット世界と思ってしまいました。
お気に入りに登録してこれからもお邪魔しますので、よろしくお願いします。
洋子
2008/01/29 07:07
洋子さん、わざわざコメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
ヤスロウ
2008/01/29 10:47
3:00 Amanda:headではなくhere
3:23 Simon :終わり部分はsecond round, congratulations.です。
バタカップ
2008/05/22 04:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
イギリス人の歯並びと鳥肌 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる