リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 落穂拾い

<<   作成日時 : 2008/02/26 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

ポッドキャストの方、第2話をお届けしようと思いつつ、忙殺されてなかなか手が回りません。5日に一度くらいのペースで行きたいと密かに思っていたのですが、情けないことに早々にして既に挫折のようです。

ただ、うれしいことに既に30人を超える方に購読して頂いているようです。面白いのは、どうやら携帯電話から購読されている方が多い模様。日本の携帯電話事情には全く疎いのですが、最近の日本の携帯電話では、当たり前のようにポッドキャストが聞けるようなものなのでしょうか?

いずれにせよ、せっかく購読してくださった方の期待を裏切らない第2話をお届けしようと思っています。


今回は、今までの記事で、後でフォローアップする、と言いつつしてこなかったことをまとめて面倒をみることにしましょう。


イギリス人の歯並びと鳥肌」で、「鳥肌」を意味する表現が話題になりました。アメリカ英語では、"goose bumps"が定番だと思いますが、この記事で取り上げたビデオで、イギリス人女性が、"goose pimples"と言っていたのでした。

サム講師に聞いたところ、"goose pimples"という表現は聞いたことがない、とのことでした。やはりイギリス特有の表現のようです。また、Wikipediaでは"goose bumps"の項に合わせて載せられている、"chicken skin"も聞いたこともないということでした。こちらの方は、英語の地域性が理由というのではなく、Keratosis Pilarisという鳥肌と似た症状を示す皮膚病(ただし無害)を指す言葉として使われているからではないかと想像されます。Half the Population Has Keratosis Pilarisというページを読むとそのように考えられます。

ちなみにこの記事、ついにビュー数が1,100を越えました。信じられません…。


ブラ その1」について、yellowさんからコメントで、「シャワーでも浴びようかと裸になった所へ、突然誰かが*その時あなたは何処を隠しますか?」、というお題を頂きました。

これはサム講師に頼んでいろいろ聞いてもらったのですが、彼女が聞いた数人の範囲ではやはり、本人を含んで全員「下」を隠す方を選んだそうです。

yellowさんのご質問は、おそらく、「『下』を隠す日本人女性と反対で、欧米人女性は『上』を隠す」とよく言われているからだと思いますが、少なくともサムが聞いてくれた範囲では、どうもそれは当たらないようです。ただ、あくまで限られたサンプルの話なので、どこまで一般性があるかは想像もつきません。


」で書き落としたことが一点。中国医学では、経穴(「けいけつ」、いわゆる「つぼ」)に、それぞれ趣深い名前がついています。例えば、「三陰交(さんいんこう)」、「百会(ひゃくえ)」のように。しかし、これらは英語では全く失われていて、「経絡の名前+番号」で呼ぶようです。


「ビヨンセ」ではなく「ビヨンセィ」」で、「フランス語由来の-é(e)で語が終わる単語(例えばfiancé(e))が本来の[e]音ではなく、二重母音の[ei]音に英語では置き換えられる」というお話をしましたが、これはむしろ、英語では一般に、綴りは関係なく、単に語尾の[e]音を嫌って[ei]音に置き換える、というふうに考えた方がいいような気がしてきました。

そう思ったのには、語尾が-é(e)ではない単語でそういう現象が起こっているのを知ったからですが、情けないことに具体例を失念してしまいました。説得力なさ過ぎですが、すみません。

これの面白い例外が"anime"です。これはもちろん日本語の「アニメ」を輸入した言葉です。「アニメ」自身が英語の"animation"から来ているわけですから、いわば逆輸入語だと言えるでしょう。

上記法則からすると、「アニメィ」という発音になりそうなものですが、そういった日本文化に詳しい人はちゃんと「アニメ」と発音します。

大友克洋(おおとも かつひろ)氏原作の映画、「スチーム・ボーイ」の英語版で、声の主演を果たしたAnna Paquinも、そのDVDに含められているインタビューの中で、ちゃんと「アニメ」と言っていました。ちょっと、どことなく言いにくそうな感じはありましたが。

このAnna Paquin、X-Men映画シリーズでRogue役だった、と言えば、ああ、とわかる方も多いのではないでしょうか?


最後に、基本的に余談尽くしの今回でもさらに余談。リナ講師が中〜上級の生徒さんを教えるのに使った資料からご紹介しておきます:"Never Date A..."。いわゆる星座占いの一種ですが、毒気がきいていて普通に読んでもなかなか楽しめますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ポッドキャストの好調な滑り出し、おめでとうございます。また以前のコメントを本当に取り上げて頂いてたんですね、ふざけたお話にお付き合い有難うございました。「下」ですか・・って真面目なお話だけでなく、こんな話しにも乗ってくださる所が、ヤスロウさんの魅力でしょうか、これからもこちらの幅広い話題を楽しみにしております。
yellow
2008/02/26 23:07
いえいえ、私にとってはどれも真面目な話です。根が真面目ですので…(「一人で言ってろっ!」って声が聞こえてきそうですが…。)

サムも「上」「下」の話をしたら面白がってノリノリで調べてくれました。
ヤスロウ
2008/02/27 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
落穂拾い リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる