リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS "Jack Sandwich"

<<   作成日時 : 2008/03/18 08:14   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

なんでも関東は暖かくなって、むしろ暑いぐらいだ、と聞いたのですが、ほんとうでしょうか?こちらも全般的には暖かくなってきて、お日様を拝める日も増えてきました。ですがまだ寒くなる日もあったりして、不安定な天候が続いています。

また前回の記事から日があいてしまいました。言い訳すると(こんなんばっか…)最近はライティング・コースの準備で忙しくしています。このブログで次回の記事を公開するまでには、詳細が決まっていると思います。お楽しみに。

そういえば、TOEFL iBTスピーキング対策も少し守備範囲を広げました。今まで、基礎知識がある方だけを対象にしており、そういった方に実戦訓練を提供するのが主でした。しかし、それにまだ不安がある方にも、より基礎的な訓練を提供できるようになりました。


さて、今回はかつて「マクドナルドでハンバーガーだけ注文したら」でも触れた、ハンバーガー・チェーンJack in the Boxの最近のコマーシャルをネタにお話しましょう。

これは、実は「こんなもん放送していいの!?」と、あっと驚くようなコマーシャルなのですが、なぜだかわかりますか?

60年代から70年代初頭にかけて、アメリカではヒッピー (hippie)文化が興隆し、それの一部として("free love")、ないしはそれと並行してsex revolutionが起こりました。Wikipediaのこれら記事では明示的に否定していますが、一般人は彼らがgroup sexないしはswingingをもたらしたと思っています。

さて、このコマーシャルは、これがswingerの集まりのシーンであるということを強く示唆しています。まず、二組のカップルが水着着用とはいえ同じジャクジーに浸かっているという状況設定。そして、男の髪型、さらにいかにもなひげ。加えて、女の台詞の"Are you two into trying new things?"(「あなたがた、新しいことやってみるのは好き?」)、やそのセクシーな言い方などで。

とどめは最後の台詞の "Let's make a Jack sandwich." です。Jack in the Boxのハンバーガー(それをなぜ"sandwich"と呼んでいるかについては以前の記事をご参照ください)のコマーシャルだからじゃないの、と思う方もおられるでしょう。もちろん、それがCMの目的の一つであることは間違いありませんが、swingerの集まりであるという強い示唆がある元で"sandwich"という言葉が出てくると、他のものを大人は思い浮かべます。

それは、"threesome" (3人によるセックス)の体位の一つです。いつも頼れるWikipediaに図入りでちゃんと説明がありますので、興味のある方はご覧ください。

ですので、最後の台詞を聞いたときに、目が点になる人が多いことは想像には難くないでしょう。

しかし、子供たちにはさすがに分からないかもしれません。私が子供の頃も、TV番組「8時だヨ、全員集合!」での加藤茶の「ちょっとだけよ」のギャグに、その意味も分からず夢中になったものですから、子供にとっては、「よくわからないけど、なんとなく面白い」程度で済むのかもしれません。

ところで、Jack in the BoxはMakeAJackSandwitch.comなるウェブサイトまで用意しています。そこで、自分のアップロードして、自分だけの"Jack sandwich"を作れるようになっています。(この写真を見たリナの発言: "We're so going to kill you.")


Swingingのライフスタイルはメインストリームと言えるほど広まっているわけではありませんが、愛好家は確かに存在します。このシアトルの近くにも、New Horizonsというswingerのためのクラブがあります。

また、ここ(アメリカ北西部)の人たちと直接的・間接的に接していて思うのですが、日本人よりも、threesomeをしたがる男が多いように思います。女性にもバイの人が多いので、ある意味システムとしては閉じているような気もします。Threesomeの経験のある人も少数ながら個人的に知っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ライティング・コース開講!初回は3/29(土) 10:30amから
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。先日「キッズ・イングリッシュはじめました」でお知らせしたキッズ・イングリッシュと大いに関係があるのですが、サム講師のブログに、新しい記事、"Why Kids Are Fun to Teach"が上がっていますね。もうご覧になりましたか?彼女がなぜ子供を教えることを愛しているかの理由を10挙げていますが、個人的には最後の10番目がちょっとぐっと来ました。彼女が書いている通りで、ご本人が望む成長ができるようお手伝いして、その人生に肯定的な影響を与えられること... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/07/16 15:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
へ〜〜、へ〜〜
 なんだか、大人の世界だった・・(*≧m≦*) 日本は子供社会。
 そこまで、読み取っていただければ、作り手としては満足でしょうね、サム先生とリナ先生を使っちゃって、そりゃ「kill you〜!」でも仕方ない。
yellow
2008/03/18 09:46
日本でも間違いなく行われていますよ。ただアメリカほどおおっぴらではないだけでしょう。

Jack in the Boxの広告は、あれは確信犯ですね。大人には皆ピンと来ることをわかって作ってますね。社会的に大反発を食らう可能性も十分考えられたわけですから、度胸はたいしたもんです。
ヤスロウ
2008/03/19 20:14
いつもながら、勉強になりました。
コーヒー屋さんでウィキピディアの記事を開いてしまって、後ろの人に対して気まずかったです。
こういち
2008/03/21 13:02
あのリンクを入れたのは、他ならぬこういちさんのためです。ぜったい開いてもらえると思って…。

その後ろの人に、その後妙にネチッコイ視線で見られたりしませんでした?(^^)
ヤスロウ
2008/03/21 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
"Jack Sandwich" リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる