リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS CSI: MiamiのDavid Caruso その1

<<   作成日時 : 2009/02/25 08:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

前回お知らせした、2月28日(土) 10:30am〜に予定している、第8回の無料公開イベントですが、正直お申し込みの方の数が今のところ非常に少ないです。このままだとキャンセルも考えないといけないと思っています。

一つの理由はMixiのような場で広報をまだしてないからでしょう。これは私が内容をまだ詰めている最中で、これが遅々としてなかなか進まないからです。

いずれにせよ、興味がある方でまたお申し込みになってない方は、お急ぎお申し込みください。


さて、forensic science(犯罪捜査に応用された最先端科学技術)については、かつて「綿棒」でも触れたことがあります。Forensic scienceを扱ったTV番組はたくさんありますが、その火付け役になったのが、CSI: Crime Scene Investigationです。2000年に始まったこの番組は、今も続いています。

その間に、派生番組(spin-off)が二番組作られました:CSI: MiamiCSI: NYです。ちなみに"spin-off"については、「地上最強の美女」でも取り上げました。

この記事では、CSI: Miamiについて、特に主人公Horatio Caneを演じるDavid Carusoのお話をしたいと思います。


まずはこの番組(show)がどういうふうに始まるかを見てください。埋め込みビデオでお見せしたかったのですが、残念ながらそれができるのは見つかりませんでした。本家のCBSのウェブサイトに最近の回が完全な形で掲載されています。どの回でもいいっちゃいいんですが、この記事の後の話がわかりやすくなるよう、And They're Offedの回をお勧めします。テーマソングが始まるあたりまで見てくださいJoostでも見ることができます

ただし、ひょっとすると、IPアドレスによる制限で、アメリカ以外からのアクセスが制限されているかもしれません。その場合はすみません。


このDavidの演技ですが、一言でいうと超ワンパターンです。しかし、ワンパターンも極めるとそれはそれで立派な芸で、私は彼の演技はその域に達していると思います。ですので私は好きです。ただし、ここは意見が大きく分かれるところで、これが嫌だという人もたくさんいます。いずれにせよ、良くも悪くもDavid Carusoの演技はよく知られており、後で見るように、お笑いのネタにもよく取り上げられています。

さて、CSI: Miamiの一つの魅力は、シーンが切り替わる前に、Davidが渋い(はずの)一言を吐くことです。特に、各回のオープニングで、テーマソングに移る前の部分でこれをよくやります。先ほど、オリジナルでこの部分を見ていただいたのは、それを知って頂くためでした。この部分だけを集めたビデオがありましたので、見てみてください。


さて、「NBC系列の深夜TVトーク番組」で少し触れた、深夜番組のLate Show with David Lettermanに皆様にもおなじみのコメディアンJim Carreyが出演し、このCSI: Miamiの物真似を披露しました。これは実に出来がよく、必見です。

Jimは三パターンの物真似を披露し、そのうち後の二パターンは実際のCSI: Miamiではありえない仮想物真似です。しかも最後のが我々にはなじみがなく、なんのことやらわからない、という方もおられるでしょう。かく言う私もそうでした。

"Cartoon voice-over"と言っていますが、これは「アニメのアフレコ」という意味です。日本語の「アニメ」は"animé"という言葉として借入されていますが、決して一般的な言葉ではありません。一般的な言葉は"cartoon"です。アニメを専門とするCartoon NetworkというケーブルTV局もあります。 「アフレコ」が和製英語であることは私が申し上げるまでもなく明らかでしょう。

"Puddy-tat"(あるいは"putty-tat")と言っていますが、これはWarner Bros.のアニメのI Taw a Putty Tatからの表現のようです。主人公の一人(一鳥?)であるカナリアのTweetyが、(くちばしのため)きちんと喋れないために、"I saw a pussy cat."を"I taw a putty-tat."と言ってしまう、ということにもとづいています。これはなんと1948年にリリースされた作品なのですが、アメリカ人・カナダ人(Jim Carreyはカナダ生まれのカナダ育ち)に広く親しまれているようです。

ちなみに、"Pussy-cat"は「(子)猫」の意味で、幼児語とされていますが、大人もよく使います。"Puss"と略されることもあります。発音は「プス」で、「膿」の意の"pus"(発音は「パス」)と区別してください。すみません、発音記号を入力するのが面倒ですので手抜きです。

映画シリーズShrekの第2作Shrek 2、そして第3作Shrek the Thirdに、Antonio Banderasが声を演じる猫の騎士Puss in Bootsが登場しますが(画像はShrek 2の公式サイトより)、彼の名前がそうなのは、そういう理由からです。

ここで注意。ご存知の方も多いと思いますが、"pussy"は女性器を意味するスラングです。「子猫」という意味でもありますが、誤解されないよう"pussy-cat"とフルに言うか全く別の語を使うことを強くお勧めします。

脱線ついでですが、"pussy"にそういった二つの別の意味があること(double entendre)にもとづく有名な話があります。Jane FondaがThe Tonight ShowでJohnny Carsonで聞いています。今回はビデオをお見せするだけですが、リクエストがあれば、改めてこのビデオは取り上げます。

「子猫」の意味では他に"kitten"という語もありますね。呼びかけるときには、"Hey, kitty, kitty."と言ったりします。


まだまだ言いたいこともお見せしたいビデオもあるのですが、長くなりましたので、今回はこれでおしまいとします。続編をお楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バルーン・ボーイ その3
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回は、「その1」、「その2」、に引き続いて「バルーン・ボーイ」シリーズの最終回をお届けしましょう。 「Barnes & Nobleの電子書籍端末"nook"」の冒頭でもお知らせしましたように、11月13日(金曜日)に、Heene家の両親とも、公僕を誤った情報で操作しようとした罪などに対して、有罪を認めました。一時期はメディアを大いに騒がせたこのバルーン・ボーイ事件ですが、彼らが有罪を認めてから、とんと話がでなくなりました。メディアは現金ですね。この報... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/11/25 08:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この番組見たことなかったですが、コメディ番組などで主人公の真似をしてるのを見ていまいち理解できなかったのが今やっとわかりました。
ポイントはサングラスかけながら一言ですね。
しかし、こんな人は現実にはいない。
れいこ
2009/02/25 12:15
そうですね〜。お約束芸の典型ですね。日本の「水戸黄門」みたいなもんですね(実は私は一度も観たことないのですが)。
ヤスロウ
2009/02/25 13:03
僕は英語の先生バージョンがむちゃくちゃ好きです。
無料公開講座、すごく興味あるのでスケジュール調整を考えたんですが、今回はムリみたいです。こちらでは金曜の夕方なのが痛い...。
こういち
2009/02/26 10:15
最近鳴かず飛ばずのJim Carreyですが、この物真似ではいい仕事してますよね!

こういちさんにご参加いただけないとは残念です。でもひょっとしたら再度同じ内容でイベントするかもしれません。そのときはまたお知らせしますね。
ヤスロウ
2009/02/26 17:28
MIXIから流れてきました。

英語の説明にもいつも大変感心しておりますが、日本語の文章もお上手ですね。「ふぅーん」と、殆ど全部読んでしまいました。w

私もカルーソ、結構好きです。本当、ワンパターンもあそこまで行くと完全に芸ですよね。残念ながらCBSのサイトのビデオはアメリカ在住者オンリーのようでしたが、この記事の続き、楽しみにしております。
ランドセル
2009/02/27 21:27
これはこれは、お褒めに預かり、恐縮です。「いつも」と言うことは、この記事に限らず、平素から読んでいただけているということなのでしょうか。だとすると大変嬉しいです。気楽にコメントをお寄せいただけると幸いです。

続編も笑いあり、涙あり…いや涙はないんですが、お笑いの要素をしっかり盛り込んでお送りしたいと思いますので、請うご期待!
ヤスロウ
2009/02/27 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
CSI: MiamiのDavid Caruso その1 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる