リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS Barnes & Nobleの電子書籍端末"nook"

<<   作成日時 : 2009/11/14 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

速報です。「バルーン・ボーイ その1」、「その2」でお伝えした、「バルーン・ボーイ」事件ですが、こちらでの本日、つまり11月13日(金曜日)に、Heene家の両親とも、公僕を誤った情報で操作しようとした罪などに対して、有罪を認めました。これについては、「その3」でまた詳しくご説明しようと思います。


さて、電子書籍端末、あるいは電子ブック・リーダとして知られているのは、なんといってもAmazonのKindleです。第2世代のKindle 2が既に今年はじめに発売されましたし、日本でも、日本語対応していない、というトンデモナイ状態ながら発売されました。さらに、せんだってベータ版ながらPC版も無償でリリースされました。

私自身はきちんと読み込む本、あるいは何度も参照するような本はやはり印刷されたものがよいと思っています。なぜなら書き込みができるからです。私が見るところ、電子書籍デバイスはまだこの点で従来の紙メディアに劣ると思っています。なので電子書籍は敬遠する傾向にあるのですが、アメリカ在住でIT技術者として活躍中の友人は既に購入して、気に入っていると言っています。Kindle用にAmazon.comで販売されている書籍は、新刊書であっても$9.99という低価格(現在のレートだと1,000円未満)で用意されているものが多く、印刷されたものが$30だったり$50を越えるものまであることを考えると、読書好きの人には価格面のメリットが大きいことは明らかです。


Kindleに対して、米ソニーも対抗機種を発売しましたが、最近米大手書店チェーンのBarns & Nobleも対抗機種を発売しました(写真)。その名も"nook"。B&Nも対抗意識剥き出しで、そのウェブサイトにKindle 2との性能比較表を掲載しています。

実はこの記事は電子ブック・リーダの話が主題ではありません。


まず、Barns & Nobleについてお話しましょう。これは全米最大手の書店チェーンです。つまり、いわば、「アメリカの紀伊国屋」。実店舗を構える本屋の代名詞のようにBarns and Nobleは使われますので、アメリカ文化を理解する上で、これは知っておいたほうがよいですね。


次に触れずにおられないのが、この"nook"という名前です。白状すると、この名前がこの記事を書こうと思った動機です。おそらく、"new book"をつづめて"nook"、とかなんとか、そういう理屈がついているのでしょうが、これはもうジョークのネタにしてくれ、と言わんばかりの名前です。なぜなから、この名前に似通った"nookie"という語は、スラングで、セックス、あるいは各種性的行為を指すからです。"nook"と"nookie"にかけたジョークがさんざん語られることは間違いありません。アメリカ人であれば、"nook"という語を聞けば"nookie"を連想するはずで、それにもかかわらずこの名をつけたセンスは、大胆と呼ぶべきなのか、阿呆と呼ぶべきなのか、悩ましいところです。


Nook発売と前後して他社からも電子書籍端末が続々発売された・されるようです。この記事によると、NookはAndroidを採用しているのだそうです。Androidについては、「なかなか巧妙なVerizon Wirelessの広告」の後半でも触れましたね。英語とは全く関係ありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バルーン・ボーイ その3
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回は、「その1」、「その2」、に引き続いて「バルーン・ボーイ」シリーズの最終回をお届けしましょう。 「Barnes & Nobleの電子書籍端末"nook"」の冒頭でもお知らせしましたように、11月13日(金曜日)に、Heene家の両親とも、公僕を誤った情報で操作しようとした罪などに対して、有罪を認めました。一時期はメディアを大いに騒がせたこのバルーン・ボーイ事件ですが、彼らが有罪を認めてから、とんと話がでなくなりました。メディアは現金ですね。この記... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/11/25 01:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Barnes & Nobleの電子書籍端末"nook"  リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる