リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS "Funny"の二つの意味とその区別の方法

<<   作成日時 : 2009/11/21 18:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

Twilightシリーズの新しい映画New Moonの公開にちなんだ記事を出そうと思っていたのですが間に合いませんでした。近々お届けしたいと思っていますので、もう少しお待ちください。


さて以前、「"Fun"」の記事中、"fun"と"funny"の意味の違いについてご説明しました。その記事中では述べませんでしたが、"funny"には実は二つの別の意味があります。今回はそれについてお話したいと思います。

Merriam-Websterでこの語を引くと、以下のような語義が得られます。

1 a : affording light mirth and laughter: amusing b : seeking or intended to amuse: facetious
2 : differing from the ordinary in a suspicious, perplexing, quaint, or eccentric way : peculiar — often used as a sentence modifier <funny, things didn't turn out the way we planned>
3 : involving trickery or deception <told his prisoner not to try anything funny>


1の意味は早い話「面白い」という意味ですね。2の意味は、「奇妙な」ということです。3は、辞書を編纂する立場としては2と分けるのはもっともなのですが、2から派生した意味で、「(悪だくみのような意味で)妙な」という意味です。「妙な真似はするな。」というのは、"No funny business."となります。

つまり、大まかには、"funny"には、「面白い」という意味と、「奇妙な」という意味の二つの意味があることになります。"Funny"という語が使われたとき、文脈からどちらかの意味か明らかであれば構いませんが、そうでないとき、確認したくなりますね。そのときにこれらを区別する面白い表現があります。それは"funny-ha-ha"と"funny-peculiar"で、それぞれ「面白い」という意味と「奇妙な」という意味を明示的に指します。

例えばこういうふうに使います:

"She's a very funny woman." (彼女はとても"funny"な人だ。)
"Funny ha-ha or funny peculiar?" (面白いって意味での"funny"なの、それとも「奇妙」って意味でのそれ?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
"Funny"の二つの意味とその区別の方法 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる