日本語音声・日本語字幕にご注意

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

アメリカのTVドラマ・映画を英語学習に役立てておられる方は多いと思います。このブログでも、それについて、「アメリカの映画やTV番組を見て英語を勉強する」という記事を書いたほか、いくつもの具体的な番組や映画について触れてきました。そういった記事は、たいがい「文化」というタグがつけてあるので(ウェブリブログの用語では「テーマ」)、興味がある方はそのタグのついた過去の記事をご覧下さい。

さて、こういった番組や映画を、日本で視聴する場合は、日本語音声や日本語字幕が用意されていることが多いと思います。英語の聴き取り能力が不十分な場合、これに頼ってしまう人も多いのではないかと想像されます。Mixiの英語関係コミュの一スレッドででも、日本語音声と英語字幕を追うことを勧めています。

まぁ悪くないのですが、こういうアプローチには危険な落とし穴があります。それは何でしょう?


それは、日本語音声にしろ日本語字幕にしろ、英語学習を目的に用意されているのではない、ということです。これらを用意する人たちにとっては、極めて限られたスペースや時間内で、表面的に辻褄が合うように見えることが最優先ですので、オリジナルに正確であることは二の次になります。場合によっては、意図してオリジナルと全く異なる内容になっていることすらあります。

例えば、アメリカならアメリカ文化に対する前提知識が要求されるジョークなどの場合です。きちんと説明すれば日本人でも理解できるようなことであっても、そのような時間的余裕はありません。しかし、もし誰かがジョークを言って周りの人が笑うようなシーンであれば、そこに話が破綻しない範囲でともかくジョークを入れなければいけません。そのため、内容は異なっても、日本人でもぱっと理解のできるようなジョークに置き換えるようなことが行われるわけです。

というわけで、日本語字幕や音声がオリジナルと1対1に対応するなどと単純に思ってしまうと、とんでもない誤解をしてしまう可能性があります。やはり、英語字幕が利用できるのであれば、英語音声と合わせて、それだけで済ませるのが最良の策です。そして、英語学習の観点からは、日本語音声や日本語字幕に頼ることは極力避けるべきでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『字幕』

    Excerpt: リンガ・エスプレッソのヤスロウです。リナ講師による公開発音矯正マスタークラスがいよいよ明日に迫りました。たくさんの参加者と使った経験が今までないオンライン・ミーティング・ツールを初めて使うことになって.. Weblog: リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記 racked: 2008-12-20 19:33