スカイプ通話の音質が不十分な場合の対処法

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

ここシアトルは最近好天続きで、気持ちがよいです。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日5/30(土)は10:30amから第9回無料公開イベント『アメリカ人相手に議論・主張しよう!』 を開催します。まだ参加できますので、是非お友達も誘って参加してください。

また、一週間後には第5期エッセー・ライティング・コースが開講します。これもまだ参加を受け付けています。初回は無料ですのでお気軽に申し込みください。


さて、今回は、英語とは直接関係のない話です。我々はスカイプを利用してオンラインレッスンをしているわけですが、生徒さんの中には、お手持ちのPCが遅い(「重い」)ため、スカイプでの通話に支障が生じてしまう方がときどきいらっしゃいます。そういった場合の考えられる比較的簡単な対処法をご紹介します。これは元々生徒さん皆さんにお送りしたメールがベースになっています。

今"PC"と書きましたが、以下の話は、原則としてはもちろん Windows PCだけではなく、MacやLinuxマシーンにもそのまま当てはまります。ただし、具体的なソフトなどはWindowsのものだけ紹介しています。


スカイプでの通話の音質が十分ではない場合、その最初の対処法は単純に通話をやり直すことです。場合によってはこれだけで改善します。それで駄目なら、スカイプ以外のアプリケーションを全て(ブラウザやメーラを含め)完全に落としてみてください。それで改善しない場合場合は、PCを再起動してみてください。

それでも改善しない場合は、お使いのアンチ・ウィルスソフトを疑う必要があります。というのがそれがありがちな原因だからです。大変皮肉なことですが、ユーザを守るためのはずのアンチ・ウィルスソフトが、PCに負担をかけ、結果としてユーザのPC上の作業に支障を起こしている可能性があるのです。

例えば、日本ではウィルス・バスターをお使いの方が多いようですが、ウェブ検索すると、ウィルス・バスターは重いという定評があるようです。特に2007版は重かったようです。2008版で改善されたようですが、それでも「検索」が重いとされています。

フリーのアンチ・ウィルスソフトも存在し、ここにいくつかがリストされています。私自身はVista上でAVGを利用していますが、特にパフォーマンスに影響があるふうはなく、問題なく使えています。ただし、複数のアンチ・ウィルスソフトを同時に使用するのはご法度ですので、もし切り替えるのであれば、それまで使用していた方を先にアンインストールすることをお忘れなく。


また、お使いのPCにメモリは十分積んでありますか?PCのパフォーマンスに問題がある場合、ハードウェアの観点からまず最初に検討すべきなのが、積めるだけのメモリを積むことです。PCを買い換えることなどと比較すると、ずっと安価にパフォーマンスを改善できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック