「英語を使う必要がないから英語が習得できない」説

動画の後に記事本文が続きます。


よく「なぜ日本人が英語を習得できないか」ということが議論されます。その答えの一つとして必ずあがるのが「英語を使う必要性がないから」です。一見筋が通ってるように見えますが,そもそもなぜそんな議論がなされるのかまで考えると,これは実は奇妙な話です。

まず,そもそもこういった議論は,「議論のための議論」ではなく,通常以下のような特定の前提と目的を持っていることを再確認しましょう:
  • 前提:英語力は必要であるのにそれを身につける人が少なくて問題だ。
  • 目的:日本人一般の英語力の向上させる方法を見出すこと。
さて,ここで一旦ちょっと横道に逸れます。「英語」を「習字」に置き換えた,「なぜ日本人が習字を習得できないか」というのも全くまっとうなトピックですが,これは今の時代には英語力についてと同様には議論されません。なぜなら,それらの必要性に対する一般認識が異なるからです。

かつて習字はまっとうな生活を送る上での必須スキルでした。その結果,私の親の世代以上の人たちの書いた手紙などを見ると,実に達筆で感心します。しかし今や習字は,義務教育内にかろうじてまだ残っているとはいえ教養の一部として重視されていません。それは例えば入学試験で習字力を問うことはないことにはっきり見て取れます。今の日本において,習字とはあくまでオプションの技能に過ぎないのです。「なぜ日本人が習字を習得できないか」と「なぜ日本人が英語を習得できないか」は同種の議論に表面上見えますが,前提となる習字と英語に対する必要性に対する認識が異なる,という点で別種の議論になります。

本題に戻って,「英語を使う必要がないから」という答えですが,これは議論の動機でもある大前提を否定してしまっています。必要性がないことを事実として認定するのであれば,英語力を身につけない人が多いのは,今の世において習字を身につけない人が多いのと同様自然な結果に過ぎません。

議論の目的を果たすか,という点についても,「英語を使う必要がないから」は答えとしてあまり有意義な答えにはなりません。端的には,ないものはないでしょうがないからです(実際あるかないかについての私見は後述)。もちろん人為的に必要性を作り出すことはできます。例えば,ある水準の英語力を達成しなければ高校を卒業できいない,とか。それはありはありでしょうが,実際にはそれだけでは片手落ちで,子どもたちがその水準に到達できるような英語教育とセットにならなければ意味がありません。そうすると,その英語教育法はどういうものなのかを考える必要が出てきますが,それは元々の議論と中身がほぼ同じですので,何ら目的達成に向けて前進していないことになります。

アジア近隣諸国では,日本語を習得することで,よりよい収入や境遇を目指して熱心に日本語を学ぶ人たちが多いと聞きます。「自分たちにも同じようなインセンティブがあれば英語をもっと熱心に勉強するはずだ」と考える人などからこういう意見がよく出るようです。しかし,本当に自分たちにはないのであれば,熱心にやらない方が自然です。そこには何ら問題がありません。こういう発想は,つまるところ,自分がやらない理由を自分自身ではなく外的要因に責任転嫁しようとする意図の現れのように思えます。

逆に「英語を使う必要がある」を事実として認めるのであれば,「英語を使う必要がないから」というのはそれと矛盾しますので,答えになりません。

このように考えると,「英語を使う必要がないから英語が習得できない」というよく聞くもっともらしい説は,よくて当たり前のこと言っているだけで,それ以上何ら有意義な知見を示してはいない,ということがおわかりいただけると思います。

以下,「英語を使う必要がない」の意味が文字面以上ある場合を考えてみます。

「英語を使う必要がない」が「学習の過程で英語を使う必要がない」という意味かもしれません。確かに,英語は言語なのですから,生きた人相手に英語を使う機会があれば興味が湧くかもしれません。そこは否定しませんが,それが本質的かというと疑問に感じます。義務教育の間にいろいろな科目を我々は学習しますが,一般生活で直接的に使う必要があるものは相当に限られるというのが実際だと思います。国語は確かに必須かもしれませんが,算数のように一般に基幹科目のように目されているものでも,一般生活での利用は実は限定的ではないでしょうか。だからといって,算数の学力が低い理由は実生活で使う機会があまりないから,という議論にはなりません。ならないのは,突き詰めると「ともかく算数はできないと」と一般に信じらているからではないでしょうか。英語に関しても,一般的認識までは変えられないとしても,自分の認識を「ともかく英語はできないと」というふうに変えればそれだけで解決する問題であるということを示唆しています。

他にも,「本当は使う必要性があるのだがそれが一般に認知されていない」というのは,妥当な答えになりえます。もしそれが正しいのであれば,本当はあるはずの必要性が英語学習者にわかるように工夫することで,英語学習意欲を高めることが可能になるはずです。

しかし,実際のところそうなんでしょうか。これについて私は,「英語力の必要性は,世の人がなんとなく考えているほどには実際はない」と考えています。それだけでなく,「将来的に全体としてはさらに減る」と見ています。そう考える理由は以下の通りです。
  • 日本人であろうとなかろうと人間はゲンキンなものなので,本当に必要性がありそれに対する投資(労力および資金)がペイすると判断すると積極的にそうする。現状そうなっていない事実があるということは,考えられているほど実際には必要性がないことの証左。特に,かつて「グローバル化」が叫ばれた頃想定された,大多数の人が自力で英語が使えるし使うような状況とはほど遠い。理想的状況ではないにしても,それでもなんとか回ってしまっている

  • 将来については,特に仕事において英語力が要求される局面はこれからも増えていく。しかしその一方,低~中程度の英語処理業務はコンピュータに完全に取って代わられる。既にポケトークのような手に収まる小型ハンドヘルド機器(冒頭のCMを参照)が一般向けに販売されているぐらいなのだから。つまり低~中程度の英語力にしか到達できないようであれば,英語学習に対する投資はペイしなくなる。高度な英語能力はこれからも需要はなくならないが,全体としてみると英語学習に価値を見出す人は減る。
この予測は,私のように英語教授を生業としている人間には決してうれしい話ではありませんが,変えることのできない流れだと考えています。最終的には,i) 高度な英語力を身につけようと欲する人,ii) コンピュータに頼らず直接自力で英語でのコミュニケーション取れるようになりたいと欲する人,あるいは,iii) 純粋に英語学習が好きな人,の3種類の人たちだけが英語を勉強するようになるでしょう。英語が今の習字と同じような位置づけになるということです。

長くなりましたがまとめます。英語を使う必要性の有無についての私の意見は以下のようになります:
現状そもそも一般に思われているほど英語を本当に使える必要はないし,これからその必要性はますます薄れていく。なので英語習得を志す人は今以上に減るだろうが,それは自然なことでそこに本質的な問題はない。ただし英語教育業はこの流れに従って先細りになる。
これは,「なぜ日本人が英語を習得できないか」という疑問に有意義な解を与えられるためには,単純な必要性以外のところに着目しなくてはならない,ということも意味しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック