リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おぬし、やるな」

<<   作成日時 : 2007/07/05 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

小学校の頃、休み時間も皆と一緒に外に出て遊ばず、自由帳に怪獣やウルトラマンの絵ばかりを描いてるような、そんな内気な同級生はいませんでした?そんな彼が、体育の時間かけっこ競争をしたら、意外なことに、スポーツ万能でクラスの人気者を抜いて一位に。思わず、「やるぅ!」と声が出ますね。

日本語では、人が予想以上の能力をもっていることがわかったときに、この、「やるぅ!」「やるなぁ」といった表現で賞賛を表しますよね。さて、これを英語で言うとどうなるのでしょう?

少し意外かもしれませんが、”You're good!"でよいのです。簡単ですね。感嘆の度合は、 "gooooooood" と "good" の母音を意図して長く発音することで示します。


Mixiの[言えそうで言えない英語。]コミュの「やりて。」というスレッドに投稿した記事を元にしています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「結構です」
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ついに9月になりましたね。アメリカの学校では9月上旬から新学年が始まるところが多いのです(詳しくは、サム講師のブログの"Labor Day Weekend"をご覧下さい)。場所によっては8月終わりごろからのところもあるようです。ここワシントン州の大学は不思議なことに、9月も下旬にならないと始まらないところが多いのです。なぜだかわからないのですが。 さて、今回は表現に関する記事です。何か勧められたとき、例えば、"Would you like some m... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/09/05 04:12
動物の代名詞での受け方と『モンスターズ・インク』
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。 私が日本で英語を学んだときには、動物に対して代名詞を使うときには、"he"や"she"ではなく、"it"を用いる、と習ったものです。しかし、これは正しくありません。まず間違いなく、その動物の実際の性に応じて(去勢されていても)、"he"ないし"she"で受けます。"It"がこのような状況で使われるのは、聞いたことがありません。性が分からない場合も通常"he"で受けます。Pixarの名作CG映画、Monsters, Inc.(邦題:「モンスターズ・イン... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/11/16 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おぬし、やるな」 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる