リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語で「横になる」ときに知っておきたいこと

<<   作成日時 : 2007/10/05 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。


疲れてきたので、「横になるわ。」と言いたいとしましょう。さてこれを英語でどう言いましょうか?

"I am going to go lie down." と答えたあなた。正解です。しかし、アメリカではそれは自然な表現ではありません。

アメリカ人の口から自然に出てくるのは "I am going to go lay down." です。

「えっ!"lay" は他動詞で、 "lie" は自動詞でしょ?ここは自動詞の "lie" でないといけないのじゃないの?」ご説はごもっとも。私も高校ぐらいの英語の授業でそのように習ったものです。しかし、残念ですが、アメリカ英語の真実は、我々が日本で英語をどう習おうと、そんなことは頓着しないようです。

このことは強調に値すると思うのですが、私が'99年にアメリカに来て以来、私が観察した限りにおいて、このような状況で "lie" を使ったアメリカ人は一人もいません全員 "lay" を使いました。

だからと言って、私はこのような状況で "lie" ではなく "lay" を使うべきだという気はさらさらありません。実際私自身は意図して "lie" を使います。ただ、どちらを選ぶにしろ、分かった上で選択をすべき (make an informed decision) だと思うのです。


さて、せっかく"lay"が話題に上がったので、ついでに "lay" を含んだよく使われる口語表現をお教えしましょう。 "get laid" — これは、「セックスをする」という意味で使われます。口語ですが、卑語ではなく、女性が使ってもまったくおかしくありません。例: "You look so uptight these days. Maybe you need to get laid." (最近ピリピリしてるようね。エッチしたほうがいいかも。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学校英語に対する批判と「〜すべき」
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。遅ればせながら、ですが、携帯電話からのアクセスを想定したウェブサイトを用意しました。m.LinguaEspresso.comです。このURL用のQRコードも用意し、このブログでも右側のサイドバーに表示されるようにしました。QRコードのデコード機能つきの携帯電話をお持ちの方は、うまく動くかご確認いただけると幸いです。私自身はQRコードを利用したことが全くないので、とても不安です。なお、サイドバーの一番下に表示されているQRコードは、このブログのURLで、上... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2007/11/28 12:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語で「横になる」ときに知っておきたいこと リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる