リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 目糞からモンキーズから『パイレーツ・オブ・カリビアン』へ

<<   作成日時 : 2007/12/04 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

ここシアトルではここ数日風が強く雨も激しく降りました。気温もかなり落ちて、ひょっとしたら雪も?とも思ったのですが、今日(ここの日付で12/3)の夕方に落ち着いたようです。

ところで、ここのところリンガ・エスプレッソのウェブサイトの内容を充実させようとがんばっているのですが、ちょうど生徒さんお二人から新たに「生徒さんからの声」をご寄稿いただきましたのでそれをウェブサイトに追加しました。現在以前からあるのと合わせて計3人分あります。よかったら一度ご覧になってみてください。同業者のサイトにありがちな、短く、かついかにもヤラセっぽいのではなく、かなり詳しくそれぞれの状況を説明してくださっているので、興味深いのではないかと思います。もちろん、いただいたものに対して、てにをは直し以上の変更はしていませんし、写真もご本人たちから提供いただいたものです。


さて、今回は「目糞・耳糞・鼻糞」に入れきれなかったものをお届けします。こういうパターン、このブログには多いのことはいつも読んでくださってる方はよくご承知だと思いますが、そんな方は後回しにされたものほど本題から脱線する傾向があることもご存知でしょう。今回も例にもれず思う存分脱線しまくりたいと思います。


前回、「『目糞』の表現のうち、"sleep"は婉曲表現」と書きました。Merriam-Webster Online Dictionaryでは語義の4番目としてあげています。

私は、この単語を見ると、モンキーズ(The Monkees)というアメリカの4人組バンドの1967年全米1位の大ヒット曲、Daydream Believerビデオ)を思い出します。なぜならこの歌はこう始まるのです…。

Oh, I could hide 'neath the wings
Of the bluebird as she sings.
The six o'clock alarm would never ring.
Whoops its ringing and I rise,
Wipe the sleep out of my eyes.
My shavin' razors cold and it stings.

ね、"sleep"が「目糞」の意味で使われているでしょう?

「そんな'60年代の古臭い歌なんか持ち出したって、知ってるわけじゃないじゃないっ!」とご立腹のあなた。そうでもないかもしれませんよ。というのはDaydream Believerは日本のミュージシャンも多くカバーしており、日本語訳までつけられています。少年ナイフ他、ウルフルズや忌野清志郎たちのパフォーマンスがYouTubeで見られます。一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?さすがに日本語詞に「目糞」「目やに」といった言葉はないようですが。


ちなみに、モンキーズは、かのビートルズの成功を目の当たりにして、アメリカのプロデューサたちがいわば「アメリカ版ビートルズ」を目論んで急遽結成させた新造バンドでした。ビートルズが「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」という映画もヒットさせたことをヒントに、The Monkeesというバンド名と同じコメディー番組(オープニング)も作られ、これも人気がありました。日本でも「ザ・モンキーズ・ショー」として放映されました。


さて、この記事のタイトルをちゃんとご覧になった方は、ここから次にどう『パイレーツ・オブ・カリビアン』に繋がっていくのか不思議に思っておられることでしょう(ニタニタ)。

妙なつながりがあるんですよ、これが。どうせこじつけと言われるんでしょうけど。

このThe MonkeesにはDavy Jonesというメンバがいました。さて、Johnny Depp主演で大ヒットした、皆様もご存知Pirates of the Caribbeanシリーズの第2作Dead Man's Chestと第3作At World's Endに登場するタコのような船長の名前は…そうです、その通りです、これまたDavy Jonesなのでした。

こちらの方のDavy Jonesは海で死んだときに行き着く先としての海底を意味する"Davy Jones' Locker"という水夫の表現から来ています。

私は第2作をアンと映画館で見たのですが、Davy Jonesの姿を見ながら、「あんなでかいタコが手に入ったら、たらふくゆでだこが食える」とよだれをたらしつつ、「"Davy Jones, Davy Jones..." はて、どっかで聞いたことあるぞ?」と気になってしょうがありませんでした。後で調べてわかったときには、すっきりしました。

ところで第3作、まで見てないんですよ。こりゃDVD待ちですかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
個人運営の英会話学校の売り文句
私はリンガ・エスプレッソというオンライン英語学校を運営しています。そういうことをする以上は、もちろん同業者の動向にも目を光らせています。スカイプが普及したことで、スカイプを利用したオンライン英会話学校が多数生まれたようです。Googleで検索するとそのような学校のウェブサイトがそれこそ無数にヒットします。(ちなみに、キーワードをいくら工夫しても、「リンガ・エスプレッソ」そのもので検索しない限り、LinguaEspresso.comは今のところ検索結果に出てきません。{%saiaku%})今... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2008/01/15 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
勿論パイレーツTUV全部見ました、最後までしっかり楽しませてくれる、とことん裏切らない映画でした(スパイダーマンとは大違い)。さらにMonkees 育ちです、初めて覚えた英語の歌が「 Day dream believer」最近たびたび耳にするので、青春していましたが、パイレーツには結びつきませんでした・・そうなのだ、Davy Jonesなのだ!ちなみに全く違いますがどちらのDavy も大好き!
それにしても、目糞からここへ持ってくるとは・・恐れ入りました。
yellow
2007/12/04 23:07
これはこれは、どうもありがとうございます…って、単に連想が進んだだけなんですけどね。

私はパイレーツの第2作のみ劇場で見たのでが、妙に長かったような…。ちょっと中だるみ感が私にはあったんですが、そんなことありませんでした?
ヤスロウ
2007/12/07 12:14
中だるみ?全く・・皆無です・・(Tから見なきゃ駄目よ)
それにしても、ヤスロウさんのその知識量の豊富さ(広く深く・・)にはいつも関心し、羨ましくさえ感じます、数倍人生が面白そう( ̄▽ ̄)。o0○
yellow
2007/12/07 23:10
ああ、第1作はちゃんとうちでDVDで「復習」してから、第2作を見に行きましたのでご心配なく。

私は特に知識があるとは思ってないんですが、Web、特にウィキペディアのおかげで、いろいろ調べやすくなったのは事実ですね。
ヤスロウ
2007/12/08 08:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
目糞からモンキーズから『パイレーツ・オブ・カリビアン』へ リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる