リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS "No Way!"の反対は?

<<   作成日時 : 2009/02/10 09:21   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

暖かくなって春めいてきたな〜と思っていたら、昨晩雨が降り、場所によっては雪だったようです。一体全体どうなっているのでしょう?…と思ったら、今でかいヒョウが降ってます


さて、「とんでもない!」というような強い否定の口語表現として"No way!"があることをご存知の方は多いと思います。さて、これを言われたときそれに対して、「とんでもある!」というふうに逆に強く肯定する場合はどう言うのかご存知でしょうか?"Yes way!"でしょうか?

これが違うんですね全米に店舗を持つ総合安売りデーパートチェーンのWalmartのコマーシャルにこれが使われているので、見てみましょう。

いかがでしたか?答えは、"Way!"なのでした。少し意外ではないですか?

訂正 (2月11日(JST)):"Yes way."もありのようです。詳しくは次の記事をご覧下さい。


"No way."のバリエーションとして、"No way, José."というのもあります。これは韻を踏んでいるのでユーモラスなわけです。スペイン語では"José"は「ホセ」という発音になるのではないかと思いますが(自信ありません)、英語では、「『ビヨンセ』ではなく『ビヨンセィ』」に書いたように、語尾にくる[e]音を嫌いますので、[ei]という二重母音になり、そのため"way"と韻を踏むわけです。


このように、別に相手(あるいは話の対象の人の)名前がそうではないのに、定型表現として特定の名前を使うことがあります。"No way, José."以外に、"Yes, siree, Bob!"というのもあります。"Siree"というのは"sir"の変形です。つまり"Yes, sir."が元になっているわけで、「その通りですとも!」という意味になります。もちろん、この表現はおどけて使うものですから、フォーマルな状況で使うのは適切ではありません。以前からこれの由来を知りたいと思っていて、今回時間をかけて調べたのですが、はっきりとしたところはわかりませんでした。

NBC系列の深夜TVトーク番組」で触れたJay Lenoが彼がホストしているThe Tonight Show with Jay Lenoの番組中使うのを何度か聞いたように思います。


同様の表現に、"Sorry, Charlie."というのもあります。これは、単に"Sorry."というような状況でおどけて使います。こちらの方は由来がわかりました。

Starkist Tunaというツナ缶会社が60年代から80年代まで流したアニメ・コマーシャルの主役がCharlie the Tunaでした。このCharlieは(なぜか)Starkist Tunaの釣り針にかかろうとしてて、自分が趣味がよいのでかかるべきだと思っています。しかし、Starkistの方は、"tuna with good taste"(趣味のよいツナ)ではなく、"good-tasting tuna"(おいしいツナ)を探しているので、"Sorry, Charlie." (「申し訳ないね、チャーリー」)と言うわけです。このCMの一つが見つかりましたので、見てください。




追記: "Yes, siree, Bob!"の例をお見せしようと思ってたのですが、以下が見つかりました。おなじみ?Starsky and Hutchからで、32秒後くらいに、"No, siree, Bob!"の形で使われています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
"No Way!"の反対は?〜訂正
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。昨晩(こちらの時間で2月9日)はヒョウが降り、その後雪が降りはじめ、先ほどまで降っていました。全く妙な天候です。 さて、珍しく今回は訂正記事です。「"No Way!"の反対は?」で、"No way!"の反対は、"Way!"であって、"Yes way!"ではない、と当初書きましたが、リナ講師に念のためあたったところ、"Yes way!"もありである、という回答を得ました。ここに訂正し、お詫びします。 ついでに面白いことも教えてもらいました:"No wa... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2009/02/11 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「No Way」の反対は?と聞かれて
「Yes,way]かと思ってました。
以前同僚と話してるときに聞いたので。。
れいこ
2009/02/10 13:30
れいこさん、コメントどうもありがとうございます。

実は、先ほど、おそらくウェブリブログの不具合で、この記事がれいこさんのコメントを残して全て消えてしまい、真っ青になりました。幸いブラウザでこの記事を表示していた状態になっていたのがあったので、そのHTMLソースファイルからかろうじて復旧させました。

さて、この記事本文中では"No way!"の反対は"Way!"と書きましたし、ネイティブ・スピーカのおそらく大多数の人はそう思っていると思います。ただ、ご存知の通りこの言い方は非常にくだけた言い方ですので、そういう言い方に馴染みのない人だと、Yes ←→ No の対比から "Yes way!" と考える人がいてもおかしくないですね。
ヤスロウ
2009/02/10 19:11
へーーーーーーーーーーーーー!
今度使って見ます☆
たかひーろ
2009/02/10 22:41
勉強になります!
No way!って言われるシチュエーションがあまりないのですが^^; 言われたら使ってみたいです。
ヤスロウ先生のブログは英語学習者にとっていつも目からうろこです
highstreet
2009/02/10 23:28
こういうバックグラウンドにある文化というか知識って分からないことが多いので、とても面白いです。"No way" に対して "there is a way" みたいな切り返しもありですか?
鬼塚
2009/02/11 02:05
皆さん、コメントありがとうございます。

"Yes way."は正しくないと当初書きましたが、これもありだということがわかりました。不正確なことを書いて申し訳ありません。このことを含めて、新しい記事を書きましたので、そちらをご覧下さい。
http://linguaespresso.at.webry.info/200902/article_4.html
ヤスロウ
2009/02/11 10:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
"No Way!"の反対は? リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる