リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外な記憶の方法

<<   作成日時 : 2009/10/02 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

Temperature in Seattle in September 2009

リンガ・エスプレッソのヤスロウです。

ここシアトルの気候は先月終盤に急転しました。右のグラフはWeather Wundergroundからとった、シアトルの9月の月間気温推移表ですが、9/22に最高気温が30℃近くまで達したのにも関わらず、月末には16℃にも達さなくなったことが読み取れると思います。ちなみに、縦の軸(Y軸)は、温度を示していますが、セ氏での表示は表の右端に表記されている数字を見てください。左端に表記されているのは、華氏での温度です。ここ数日中には激しい雷雨もあったりして、陰鬱な冬の訪れを思わせます。


さて、先日さる生徒さんと単語記憶の話になりました。このブログでもこの話題については、既に 「単語集の選び方・作り方 1/2」と「単語集の選び方・作り方 2/2」という記事を出しています。ですが、そこでは触れなかった、一風変わった記憶方法をご紹介しましょう。

こういった単語帳を利用して語彙を増やすときには、例えば、一日20語、というふうな目標を立て、それに従って毎日それだけの語を覚えこむ、というアプローチを取る人が多いのではないかと思います。もちろん、いきなり全部覚えこむのは難しいわけですから、実際には何度も復習することになるとは思いますが、決まった量を最初から覚えこもうと少なくとも努力することがこのアプローチの特徴です。

それとは違うアプローチを、私は大学浪人時代に予備校で英語の先生に教わりました。最初から全て覚えて込むことを目標にするのではなく、何巡も全て通すことを前提に、例えば1週間で1巡するようなペースで何度も読む — 覚える、ではなく — というやり方です。単語集の量にもよりますが、1週間で1巡するようなペースだと、一日に読む量はそれなりに多くなります。しかし、特に頑張って覚えこもうとしない、というのがこのアプローチの特徴です。

そんなんで覚えられるわけないやんか!というのが私の最初の感想です。しかし、ものはためし、とともかくやってみました(若いときはやはり発想が柔軟ですね)。そうすると、五巡くらいすると、結構頭に残ってくるのです。これには驚きました。さらに、数巡した後には、ほとんど頭に入っていました。いやもう我ながらびっくりです。


さて、これは20年以上前の話です。これがうまくいったのは、何といっても若くて記憶力が十分高かったことがその大きな要因でしょう。私は今40代半ばですが、今同じことをやって、同様な効果が得られるかはわかりません。

しかし、特に、伝統的なアプローチでなかなかうまくいかなくて、記憶物に苦手意識のあるような方には、試してみる価値は十分あるのではないかと思います。もし、実際に試してみた方がおられたら、是非その成果をお知らせください。

あ、私は市販単語集をそのまま使うことはありません。記憶の取っ掛かりを増やすため、先にあげた記事(「単語集の選び方・作り方 1/2」や「〜2/2」)で述べたような、各種関連情報を自分で辞書で引いて書き込んでいました。これも記憶の効率を高めたのは疑いないと思います。


そうそう、せっかくCDつきの単語集を使っているのですから(自作の場合はしょうがないですが、市販の単語集を買うときには、CD/DVDが付属しているものを優先すべきです)、これも活用しましょう。自分が覚えようとするところだけをしっかり聞くのはそれはそれで有用ですが、可能な限り、通しで何度も流しっぱなしにするようなことも有効です。

さらに凝ると、時間の効率を高めるために、録音の無音部分を除去したり、再生スピードを上げたり、などといったこともできます。今は無料で手に入るソフトウェア・ツールでこういうことが可能になりました。機会があればこれについても書きましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最適な学習方法は人によって違う
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。なんと、英会話学校チェーンのジオスが破産したのですね。我々とは、経営理念から運営形態まで、そして何といっても規模が全く違うので、直接影響はないと思いますが、ノバが破産したときと同様、英会話学校(我々は「英会話学校」ではなく、「英語学校」だと自任していますが)全般に対して不信感が広まるのが心配です。 さて、久しぶりのこの記事では、単語記憶を例に取りながら、学習方法を評価する際、常に念頭に置かなくてはならないことについてお話したいと思います。 単語記憶の... ...続きを見る
リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記
2010/04/21 17:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はお世話になりました、お陰さまで快適に楽しんでおります〜。
 さて、記憶物は超苦手な私は、年齢とともに、さらに物覚えは悪くなる一方・・なので、単語はよほど印象に残る例文や、興味を引く表現でないと、残りません(単語単独では無理なんですよ〜)それを例文ごと覚えていくやり方をしていました。もし興味があれば、その分野の単語を探して読み漁ります・・動物的な覚え方でしょうか?(笑) 今回の記憶法、何巡も繰り返し読む・・あまり試した事はありませんが、若くない脳でも、私には結構向いてるかもしれません、是非諦めずに頑張ってみようかと・・(実はこの間同じようなやり方で、ちょっと進歩があったので・・)単語帳も丁度作りなおしたいと思っていたところでしたので、初心にかえって、やり直します。 ひとつの単語を掘り下げて、広げて行くのは、結構面白く、時間を忘れて没頭できるので、書き込みだらけになりそうですが・・楽しみです。
yellow
2009/10/02 14:48
Yellowさん、お久しぶりのコメント、どうもありがとうございます。もっとも、最近とんと記事を書かなくなった私が悪いのですが…。メールの件は無事解決できたということで、よいニュースです。

例文を活用したり、関連単語と合わせて覚えたりするのは、素晴らしい方法だと思います。私もそういうやり方をやってきました(本文で引用している記事でもそういうお話をしています)。

この記事でご紹介したやり方がいいのは、心理的負担が低いことだと思います。記憶を定着させるためには反復が欠かせないのですが、心理的負担が高くてそのため反復を避けようとしてしまっては意味がありません。その点、このやり方だと、もっと気楽に取り組め、反復がよくできて、結果としてよりよく記憶が定着するかもしれませんね。

成果のほど、是非お知らせください。
ヤスロウ
2009/10/02 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
意外な記憶の方法 リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる