アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「発音」のブログ記事

みんなの「発音」ブログ

タイトル 日 時
音読レッスン実施中!
音読レッスン実施中! リンガ・エスプレッソのヤスロウです。リンガ・エスプレッソにおいて私の基本的役割は黒子だと自分で思っています。教えることはネイティブ・スピーカの講師に任せるというのが基本姿勢ですが、最近一部生徒さんからの特別のリクエストにお答えする形で、音読訓練のためのレッスンを実施しています。ネイティブ・スピーカ向けに作られた(つまり英語学習者向けに手加減などしていない)ラジオ番組の一部を教材として使っています。聴き取りに不安のある方には、聴き取り練習と組み合わせ、聴き取り練習の後同じ内容で音読練習をする、とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/16 16:10
リナ講師による公開発音矯正マスタークラス 12/21(日)10:30amより
変更(12月17日):技術的問題から利用するサービスを変更しました。そのために参加要領が変更になりました。参加ご希望の方は、恐れ入りますが、再度お読みくださるようお願いします。特に、聴講のみの場合も、事前申し込みをお願いすることになりました。ただし、イベントの内容に変更はありません。 オンライン英語学校 リンガ・エスプレッソ (www.linguaespresso.com) では、公開英語発音矯正マスタークラスを 日本時間で12月21日(日)10:30amより行います。参加は無料です。時間は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2008/12/15 09:03
教える側から見たTOEFL iBTのスピーキング対策の難しさ
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。我々は、TOEFL iBTのスピーキング対策も行っています。かつてこのブログでも、受験生の立場からTOEFL iBTのスピーキング対策に関してどういった難しさがあるかについて記事を書きました。今回は立場を換えて、教える側から見てどういった難しさがあるかについて述べたいと思います。 まず我々を悩ます最大の問題は、準備期間の短さです。 生徒さんにはそれぞれご自分で決めたスケジュールがあり、それのスケジュールの中で、我々に成果を上げるよう求めてこられます。このスケ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/05 06:46
『日常会話はできるけれどニュース番組は苦手』
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。またまた長い期間あけてしまいました。確かこの6月くらいから、新たな問題が次々と起こり、それの対処に追われるだけの日々が続いていました。先週でクライマックスに達した感はありますが、まだ予断を許さない状況です。次にいつ書けるかわからないので、今のうちに隙を見て(?)一本投稿しておきます。 「日常会話はできるけれどニュース番組は苦手」という人が多くいらっしゃいます。「日常会話」の定義のしかたにもよるのですが(←重要なお断りです)、もし、定型表現でカバーできるような... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/17 18:15
聞き流すだけで聴解力が伸びるか?
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回は「発音上達法」で予告したように、最近日本で流行っているという(あくまで伝聞なんですが)、「聞き流すだけ」で英語が習得できるというふれこみの教材について私の個人的意見を述べたいと思います。 そういった教材は複数あるようですが、やはり一番メジャーなのはエスプリラインという会社が販売しているもののようです。「スピードラーニング」という名前がつけられています。ちなみに、この会社は、以前はマジック・リスニングなる英語習得を前提にした聴覚訓練教材をメインに販売して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/21 07:39
発音上達法
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。あろうことか前回から3週間も間があいてしまいました。白状すると、特にここ2週間ほど腑抜けになってました。振り返ってみるとこの三月末に大きなイベントが重なり、それをようやく切り抜けたかと思いきや、キッズ・イングリッシュの提携話があり、なかなか息が抜けませんでした。ところが、なんとこれが結果的にはポシャってしまいました。振り返ってみるといろんな点で考えが甘かったですね。いい経験になったとは思いますし、ホールセール・プログラムのテンプレートができたのは収穫ですが、や... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2008/05/18 10:42
怒涛の週末を終えて; 『ビリーズ・ブートキャンプ』のBilly Blanks
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。この週末に至る一週間ほどは目が回るほどの大忙しでした。日本時間の土曜日には、ライティング・コース初回、そして翌日曜日には、公開グループ・レッスンとイベントが続きました。シアトル在住の私たちにとって、これは金曜日・土曜日だったのですが、日曜日には、たまたまシアトルを会議で訪れている大学時代の友人と、飲茶をしました。 ライティング・コース初回は、例によってスカイプキャストがトラブり少しつまずきましたが、成功したと言っていいと思います。私が用意したスカイプキャスト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/02 19:24
落穂拾い
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ポッドキャストの方、第2話をお届けしようと思いつつ、忙殺されてなかなか手が回りません。5日に一度くらいのペースで行きたいと密かに思っていたのですが、情けないことに早々にして既に挫折のようです。ただ、うれしいことに既に30人を超える方に購読して頂いているようです。面白いのは、どうやら携帯電話から購読されている方が多い模様。日本の携帯電話事情には全く疎いのですが、最近の日本の携帯電話では、当たり前のようにポッドキャストが聞けるようなものなのでしょうか?いずれにせよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/26 20:51
『この歳から始めて発音がよくなるわけがない』
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。2月9日に予定通りわれわれのはじめてのスカイプキャストを行いました。特に朝9時からの初回の方は技術的理由で開催が危ぶまれましたが、2回とも無事開催できました。参加してくださった方には、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。2週間後の土曜日を目処に次回の準備を始めています。詳細が決まり次第、この場でまたご案内したいと思っています。前回の録音も取ってあるので、これも何らかの形で公開したいと思っています。一つの案が分割してポッドキャスト(podcast)化です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/02/11 08:42
TOEFL iBTのスピーキング対策の難しさ
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。アメリカの大学・大学院に留学する上で、Test of English as a Foreign LanguageことTOEFLのスコアがある規定の点数を上回ることはまず間違いなく求められます(語学留学は除く)。「次世代版」とされ、近年導入されたInternet-Based TestことiBTでは、それまでになかったスピーキングが加えられました。リンガ・エスプレッソは、基本的には英語会話(ビジネス英語も含めて)が主たる守備範囲なのですが、TOEFL iBTのスピ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/21 10:18
イギリス人の歯並びと鳥肌
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。今回はお約束どおり、前回の「これを見て泣いてください」の続編です。まずは前回のビデオ、すなわちBritain's Got Talentというイギリスの素人「のど喉慢」勝ち抜き番組で、いずれは優勝するPaul Pottsが最初に登場したときのビデオを再掲しておきます。 このいかにも朴訥な感じのするPaulですが、普通のアメリカ人がPaulの容姿を目にしたとき、最初に気になるのは何か想像がつきますか? — 答えは、彼の歯並びの悪さです。アメリカでは歯... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 6 / コメント 5

2007/12/16 18:04
流暢さと発話の速さ
流暢さと発話の速さ リンガ・エスプレッソのヤスロウです。 英語学習の目標を、「ネイティブ・スピーカのように話せるように」という方は多くいらっしゃいます。といっても、よく考えてみるとこの一見単純な目標はさまざまな技能を内包しており、そのうちどれを重視しているかは、個々人によって違うのではないかと想像します。とはいえ、その一つの重要な側面は「流暢さ」でしょう。さて、ここで私からの質問ですが、「流暢さ」とは、「速く喋ること」だとなんとなく思ってしまっている方はおられませんか?確かに速く喋ることが出来れば、(発音・文法・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2007/11/19 00:45
アメリカの映画やTV番組を見て英語を勉強する
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。友人たちのブログにもよく取り上げられていますから、日本でも徐々にじょじょに浸透してきているようですが、10月31日はハロウィーンでした。私は特に何もしませんでしたが、何かそれにちなんだことをされた方はいらっしますか?サム講師がハロウィーンにちなんで、"What is Halloween?", "The History of Halloween"の二つの記事を書いています。興味深いことを書いてくれてますので、是非ご覧下さい。ただし、彼女は前者の記事のレベルを初級... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/11/01 18:47
「ビヨンセ」ではなく「ビヨンセィ」
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。サム講師のブログに、新しい記事、"Reality TV"が上がっていますね。もうご覧になりましたか?近年アメリカのTV番組の中で急激に人気を得て、今ではメジャーなジャンルになった「リアリティーTV」について簡潔にわかりやすくまとめてくれています。是非ご一読ください。 さて、話は変わって、既に解散したデスティニーズ・チャイルドの初期からのメンバであり、いまやソロの歌手としても女優としても有名なBeyoncé Knowlesをご存知でしょうか?音楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2007/09/26 05:09
英会話学校の「教習所方式」
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。「英語の地域性」という記事を先だって公開しましたが、今回はそれに関連して、一部の英会話スクールで行われている「教習所方式」の是非について議論したいと思います。 この「教習所方式」とは、その時間レッスン可能な講師であれば誰からでもレッスンを受けられるというシステムです。出身国の異なる講師を複数抱えているような場合、「さまざまな地域の英語に慣れることができる」、などと、あたかも利点かのように広告しており、それをそのまま鵜呑みにしている人も多いようです。しかし、こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2007/09/02 14:30
英語の地域性
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。ここシアトルでは、今年の夏は特に暑くなることもなく終わりそうです。暑がりの私としてはほっとしています。さて今回は、英語を学ぶ上で、英語の地域性についてどのように取り組めばよいかについて話したいと思います。 英語は世界の各地で広く使われています。これは何世紀にも渡る歴史を通じて起こったことで、地域によって独特の発展があったのは当然の結果でしょう。その名の通り「英語」の中心といってよいイギリスで使われているいわゆるクイーンズ・イングリッシュと、時には「米語」と称... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/08/28 05:25
訛りのある英語に慣れるには
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。同じ英語といっても、国によってさまざまな訛りがあります。それだけではなく、同じ国の中にもいろいろな訛りがあります。それは地域性による違いであったり、民族的なバックグラウンドによる違いであったりします。英語を学ぶ立場からは、もちろん最初は標準的英語を学ぶことが最優先されます。(そこでアメリカ英語を選ぶか、他の地域の英語、例えばイギリス英語を選ぶかは、その人の目的に依存するでしょう。)しかし、上級になると、そういった各種の訛りに関する知識を身につけたくなってきます... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/03 10:33

トップへ | みんなの「発音」ブログ

リンガ・エスプレッソ何でも係の奮闘記 発音のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる